Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東日本の震災の時思っていたこと。
この津波が来たら絶対自分だったら逃げられない。
実際たくさんの死者が出た。
その中でどれくらい逃げたくても逃げられなかった人がいたんだろうか。
施設や病院で置いて行かれた人はどれ程いたのか。
いると分かっていても助け出せなかった自宅の老人、障害者。
誰が悪いかという訳じゃない。
あの短い時間じゃできないだろう。

JINRIKIという車椅子を人力車のようにできる物があると知る。
単純だけど効果はかなり大きいと思う。
ちょっとした坂でも車椅子を動かすのはきつい。
自力で坂道を上がれる車椅子の人は少ないはず。
背負えばとも思うけど人間は重い。
車椅子生活の人は太った人も多い。
だったら引っ張ればいいというのは分かりやすかった。
とりあえずの避難には有効だと思う。
津波対策ではなくて防災対策で自治体は用意すべきものじゃないかと強く思った。


鹿児島市に住み始めて最初に思ったのはこうまでして住みたいのかと思う住宅地。
降り注ぐ火山灰、丘陵を削って住宅地をよくまぁここまで作ったもんだと。
眼前には桜島、錦江湾北部はぜーんぶ姶良カルデラ。
噴火口の周辺でさらに丘陵地。
さて、ここらの土地は何でできているのでしょうか?
はい、シラスは水はけ良すぎて崩れやすいって小学校で習ったよね。
普通の土留めくらいじゃ止められないとは思わないのかな。
そして水はけがいいということは水害の危険性もあるということ。

先日の大島の土石流。
15年ほど前にあった出水の土石流。
崩れたのはシラスじゃないけどもろい地質の山に大雨、死者は21人。
山からいきなり海って地形なんかも似てるんだよね。
砂防ダムも言うほど役には立たない。
古いタイプなら尚更ね。

地震、津波の恐怖は遠く離れた鹿児島でもこれだけ思うので今の地震津波対策は仕方ない。
太平洋側だったら怖いさね。
だけど鹿児島に関しては風水害の方が重点置くべきことだと思うのはおかしなことなのか。
ま、各自治体は地震なんかよりと内心は思いながらやっていると思うけどね。
やらないよりはやった方がいい耐震補強はごもっとも。

最近は台風の通り道がちょっと違ってきている。
台風に慣れた島の被害。
本土にはあんまり影響が出ない気持ち悪さ。
もう1999年からまともな台風の直撃食らっていない(北薩)。
そろそろ大当たりがあってもいいんじゃないかと思っていたけど今年も無かった。

今となっては怖い話だけど台風で畳が持ち上がってそれに乗って遊んでいた。
家がボロ過ぎて近所の豪邸に自主避難していた小学生の頃。
台風の非日常感と自分の家だけ避難した恥ずかしさを思い出した。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/832-34bffcb8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。