Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
髪が短い人ほど髪を切る。
僕の場合はだいたい1ヶ月周期で落ち着かなくなる。
こっちに帰ってきてから母が通う地域密着の美容院に行くようになった。
ただ単純に安いから。
最初2,000円だったけどしばらく通ううちに1,500円になった。
よく分からんけど30歳を過ぎて高校生料金に値下げである。
雑だしおばちゃんの社交場みたいなとこで男の同年代の客なんて1度も会ったことはない。
ただ男子学生は多い。
高校もかなり頭髪にうるさいようで僕等の時代とは大違い。
頭髪検査があるそうな、自分の頃そんなんなかったけどな。
待ち時間も短いし予約も要らないそして繁盛している。
間違いなく地域一番店。(女性客に関して)

手術後、北海道から帰ってきてとりあえず髪を切りたいと言ったら連れてこられた。
でかい傷があるのにかなり短くしてすごくうまい具合に切ってくれてそれ以来だ。
残念ながらそれ以降の当たりはほぼ無いがこんなもんだと通っていた。。

さて、担当していた美容師が出産でしばらくお休みで新人さんにバトンタッチとなった。
そしてなんか自分がもっさりしてきたのでここらが限界かなと以前通っていたとこへ。
違いは料金が倍、雑じゃない、シャンプー有り。
そして置いてある漫画がわたるがぴゅんからワンピースへ。

言っても他人から見たら大した差は無いと思う。
自分的にはだいぶ修正できたんだけどね。








中学生まで強制坊主の世代、高校に入り髪を伸ばせる喜び。
僕等の地域の男はだいたいこの床屋通いだった。
ちょうど高校生になった頃に息子さんが店を継いで若い客も増えた。
おしゃれに目覚めた人は美容院にステップアップかな。
おっちゃんには親父さん、若い人には息子さんで振り分けしてさ。
とにかく2人とも無口で喋らない。
ずーっと坊主頭だったから髪の伸ばし方が本当に分からなかった頃。
小さい頃から15年くらいお世話になった。


実家に帰った際、ふと床屋はどうなのと聞いてみた。
そしたら後継ぎの息子さんがつい最近亡くなっていた。
交通事故でトラックに轢かれたとのこと。
40歳にもなっていないのに。
残念無念とはこういうことなんだろな。
残された奥さん、子供、親父さんにおばちゃん。
ただただ気の毒としか言いようがない。

うちの近所の若者の行く床屋は無くなってしまった。
床屋行くのに何キロも自転車走らせないといけなくなったのか。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/780-5f2ba7c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。