Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
見たいと思っていた映画。
残念ながら一番近くて福岡で上映らしい。
ま、これをジブリみたいにやっても赤字だろうし仕方ない。

ストーリーはだいたい決まっている。
人物はなんか合わない。
ただただ背景を楽しむだけだし。
それがいいんだろうけど一般受けしないか。
アニメーションの進化を知ることができるし、多分何かをえぐられるはず。
だけど見てしまう。

いいとこの1つにこの曲が使われているということ。
なんというか世代を越えても色あせない曲は名曲というんだなと再確認。
アレンジ云々抜きで古臭く感じないのは曲は元より歌詞で時代を感じないとこなんだろね。
映画の予告を見たときにドキリとした。


2013年 秦基博

1998年 槇原敬之

1988年 大江千里

僕は槇原敬之で知ったけどどれもいいと思う。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/770-8b017d57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。