Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
実家に行ってその日のうちに帰りたくて夜中にA-Zで買い物して帰る。
買い物を終えて少し走っていたら道路上に猫が轢かれていた。
夜道で気付くのが遅れて慌ててハンドル切って踏まずにすんだ。
片手で案外機敏な動きができたな、でも本当は踏むくらいのつもりでしないと。
それで車輪の間をくぐらせるのがベストなんて考えていたらやっと猫の事に気が回る。
放っておけば数分もしないうちにミンチになってしまう。
数百メートル過ぎていたが引き返して猫を動かしに戻った。
まだ、他の車には潰されておらずにいる猫。
下手につぶれていると時間がかかって僕も轢かれてしまう。
ビニール袋を持って車の切れ目に猫を歩道に移す。


猫が虫の息で生きていたらどうしようと思ったけどやっぱり死んでいた。
猫には悪いが正直ホッとした。
まだ温かく腹からは腸が飛び出している。
柔らかな真っ白な猫の体を歩道の隅に置いて問いかける。
圧死かぁ?せめて楽に死ねたからよかったのか?
そういうことにしてくれな。
近くにコンビニがあったので線香でもと思ったけど置いてはいない。
あったとしても猫に信仰心はないよなぁと考えてキャットフードを買った。
僕にできるのはここまで、野良か飼い猫か分からんけど飼い猫だったら飼い主も探すだろう。



車に乗って数百メートル走ったくらいで道路に猫が飛び出してきた。
だけど横断はできずに途中で引き返していく。
突っ込んでくるのが多い猫の中では珍しい。
そのまま突っ込んでこられたら轢いていた。
さっきと同じような真っ白な猫だった。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/728-5b6cb2d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。