Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お前はいつも大事なものを捨てたり、諦める。


ま、そんな感じの事を以前言われたのですよ。
これは図星でね、その通りなの。
手術してからの話ね、諦めないとどうにもならんこともある訳でね。
それでも簡単に諦めてることは多いね。
そして色んなものをどんどん捨てたから全く否定できない。


この連休何もしてないや。
何か爪跡残さんとなと若手芸人みたいに思ってた訳。
だったら諦めてたものに挑戦してみようかと思って行ったのがとある山の中。


落差10mくらいの滝があって、僕のとっておきの場所だったのね。
だけどそう簡単に行ける場所じゃない。
車で近くまで行けても急斜面で簡単に滝つぼにたどり着けないのね。
下流から上がるにも結構な距離と高低差がある。
今の僕にはどっちもきつい。
どちらかというと滝つぼに降りる方が行ける可能性は高い。

ということで入口の山の神にみかんを供えて滝つぼへ向かう。
で、数メートル進んだとこで落ち葉で滑って落ちる。
膝を石にぶつけて負傷。
痛さに悶絶。
まだスタートなのにこれは無理かな、止めとけってことかなと思うけど進む。
そして川に降りる。

IMGP1161.jpg















そしてこれから川を渡って滝つぼへのルートへ。

ちなみに滝の手前がこれ。

IMGP1162.jpg















この下に降りる道がかなりの傾斜で危ない。
5回くらい身の危険を感じて引き返そうか迷う。
でも進む。
そうしたら本格的に滑ってもうちょっとで崖から落ちそうになる。
なんとか止まったから良かったけど落ちたら死なない程度に怪我するね。
落ちたら下は水じゃないし、岩だし。

最後の関門に着いた時に「ここ降りたら絶対落ちる」
そうとしか思えなくなって下まで降りることは諦めた。
目的地まであと3メートルくらいだったけどこれは絶対ダメだと脳内に警告が鳴る。
ま、ここまで結構命掛けだし、一人だし、携帯電波入らないし。
何かあったら助からないもんね。
発見されたら腐ってそうだし、それは迷惑だ。
元々この身体で行くこと、一人という時点でアウトなのだから。

ここで終わり。
本当は正面から撮りたかったけどこれが精一杯だった。

IMGP1149.jpg















ま、こんなもんかな。
下に降りるには仲間とロープとなんやかんやがいるね。

以前だったら苦も無くひょいひょいと行けた場所だったけど。
ここでキャンプとかしたかった。
あと、滝つぼに潜ってみたかった。


最初から無謀だったけど諦めもやっぱり必要かなと思ってみる。
涼しい山の中だけど汗だくだ。(半分は冷や汗)


なによりも捨てる・諦めるの意味が違うんじゃないか。
この行動に根本的な問題がある気がするけどそれは考えないことにしてみる。


スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/676-76bd5421

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。