Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
天秤にかける。


これは日常の生活の中でよくやること。
あっちの肉よりこっちの肉がいいとか、あの野菜よりこっちが新鮮とかさ。
この値段でこれだったらあの値段のあれの方がいいとね。
そんな些細なことから大きなことまで僕等は天秤にかけるのだ。
大きな決断をする時、家を買うでもいい、結婚相手を決める時でもさ。
要は自分にとって一番いい選択をすることなんだろね。


さて、自分がそういうことの対象になった場合どうなるのだろう。
天秤にかけるってことは重ければ重いほど価値があるということになる。
だったら自分はどれくらいだとね。

理科の実験でよく使った上皿天秤。
グラム単位だったけどさ、薄い分銅からどっしりとした分銅まであった。
直接手で持ったら狂うからピンセットで持ちなさいと注意された記憶。
あれの分銅に自分がなったらどれになるのかなって思ってた。
並の人間が10グラムとしたら僕はどれになるとね。


先日、面白いことがあって僕は天秤にかけられることになった。
はっきり言って天秤にかけられるとさえ思ってなかった。
そこで思っていた以上に僕は重いと評価された。
それが嬉しくってねぇ、まだ僕はやれるのかなと思ってしまった訳だ。

いかさました訳じゃないよ。
でもまぁ、すぐに化けの皮がはがされてというか見破られてしまったけどね。
そしたらやっぱり軽いのね。
当然だ、自分でもそれは正しい判断だと思う訳さ。


軽くてもさ、天秤にかけられるくらいになったのだと思いたい。
どうやら薬包紙より軽いと思っていたのにそれよりは上らしい。


己の価値とはどれくらいか知りたい。
でも、自分で思っているより重かったり軽かったり。
だけど価値は見方、見る人によっても変わるのだよね。
その人が持っている天秤自体が正確かも分からないもんね。


どれが正しいかなんて分からないということにしたら気楽になれるかな。
スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.09.17 22:10  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/666-5968cdbb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。