Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
シーカヤックの疲労で起きたのは昼前だった。

身体は重いが宿にこもっていても仕方ない。
天気も薄曇りで気温も低い。
今日がシーカヤックでなくて良かった。

さてさてせっかく原付を借りているので島を一周しよう。
まず最初に小笠原海洋センターへ。
何が目当てかと言うとウミガメ。

IMGP0405.jpg















いい顔してる。


そしてちょっと珍しいアルビノのアオウミガメ。

IMGP0410.jpg
















美白である。




公共事業。
島を支えるある意味産業なのだろうが資材置き場やらなんやらがある。
雑な感じが島である。

そのまんま道を進みゴミの処理場や火葬場を見つけた。
ごみ処理の技術はすごいらしい。
火葬場は予想通り。
この島で死ねることは島民にとっては幸せなことらしい。
病気になると東京に移されるので骨になるまで小笠原には帰ってこれない。
医療設備が無いからどうにもならない。

畑でどんなものを作っているのか、田んぼはあるのか観察してみる。
土地も少ないので耕作地は少ない。
元田んぼはあっても今はもうないらしい。
買った方が安いし、水の少ない島で稲作は向かないからね。
どう考えても人口に対して耕作地が少なすぎる。
無理があるんだろうね。

海岸線から島の内側に入ると住宅地が造成されていた。
今ブームだからなのだろう。
しかしこの島で家を建てるのは大変である。
資材を運ぶだけで本土の2倍近く費用がかかるのだね。
本当に好きでなければここには住めない。

この島には純粋な島民は少ない。
多くが移住者だ。
海が好きだとか自然が好きだ云々の理由。
面白いことに純粋な島民は日本人の顔をしていない。
元々は、アメリカ、ハワイ、イギリス、ドイツ、ポルトガル、デンマーク、
フランス、南方系のポリネシアやハワイなど。
これらと日本の混血なのである。

だからこんなものがある。
IMGP0396.jpg















デザイン含めて日本らしくないね。
だけど神社もある。
混ざってるね。


色々考えながらゆっくり回ったけどすぐに一周してしまった。


時間がまだあったので土産物屋を見て回る。
これと言って何もないけれど心を奪われたものが1つ。
それがこれ。

IMGP1063.jpg






















何かと言うとシロナガスクジラのひげである。
ちょっと高かったけど買ってしまった。
もう手に入らないだろうし憧れの地球最大の生き物シロナガスクジラ。
これが1本のひげというのがすごい。
さすが30mあるだけのことはある。
今後手に入れようとしたらシーシェパードから焼き討ちにあいそうだし。
死体が陸に上がることも生息域を考えてもまずないだろうしね。

もう1つマッコウクジラの歯もあったけど高すぎて手が出なかった。
いつか買うのもいいかもしれない。


夜は知り合った若者と飲みに行った。
考えが若すぎてついていけない。
おじさんも考え方が古いのかなぁと思ってしまう。
ただ、うらやましいとは全く思わないのね。

しっかしこの島の接客はひどいもんである。
雑で愛想が無い。
BGMで沖縄の島唄が流れてるけどどうしたものか。
ま、求めてはいないけど来た人にはがっかりされるだろう。

そして食べ物がおいしくない。
島だから新鮮な海の幸と思ってはいけない。
普通に静岡直送の鮮魚と書いてある。
どんなに早くても2日かかるのにそりゃ美味しくないね。
島の魚もあるけど多くの島の漁師は漁に出ないで観光に船を出すのだ。
そして魚もあんまりおいしくない。
魚は南より北だね。


若干のカルチャーショックだったのはウミガメを食べること。
普通にウミガメ入荷しましたって張り紙がある。
煮込みと刺身がある。
煮込みはちょっと気が引ける見た目なので刺身を1切れもらって食べた。
味気ない鳥刺と言ったらいいだろうか。
まずくはないけどおいしいとも思えない。

ちゃんと制限があって決められた量しか取ってはいないとのこと。
これも文化ってやつだ。
カメは甲羅がナベになるって聞いたことがある。
リクガメはそうらしいがウミガメはどうなんだろ。
鴨ネギも真っ青の亀ナベだね。
食べてくださいって言っているようなものだもの。











スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/642-4b859bf8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。