FC2ブログ

Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

やっとの思いで宿に戻った僕は悩んでいた。

実はこのシーカヤックのオプションでナイトツアーを予約してたのだ。
だけど、疲れすぎてとても行ける状況じゃない。
誰かに代わりに行ってもらおうと思い宿にいた人に言ってみる。
なかなか見つからなくて声を掛けようと思わなかった人に言ってみたら
露骨に不信がられた。
なんだよその目は。
下心ないし、嫌だよ俺だってさ!

ま、それでも見つかったので代わりに行かせていいかとガイドに聞いてみたら
ダメとの返答。
無駄にシビアと言うか商売熱心というか。
確かにルールを崩すと良くないけれど融通利かしてもいいじゃないさ。

お金は払っているしもったいないので行くことにしました。
そんなに歩かないと聞いていたので乗り切れるかな。


で、まずは海岸へヤシガニ探し。
だけど探せども探せども見つからない。
いつもより気温が低かったのでヤシガニは営業してない模様。

はい次!
ということでオガサワラオオコウモリ探し。
これは案外簡単に見つかったけど暗くてよく見えない。
暗いし、黒いし、遠いし当然だね。

んっ、次!
光るキノコ。
この島にはグリーンぺぺという光るキノコがあるらしい。
しかしこれも時期が悪く見つからない。
まぁ仕方ないと思っていたら他のナイトツアーの団体さんと遭遇。
その人たちは入っちゃいけない場所に入ってた。
少なくなってきたグリーンぺぺを守るためにガイド同士で決めているとのこと。
それを破っているのでうちのガイドが怒って止めに行っていた。
生息地を荒らすとどうなるかは分かっているけど止まらないらしい。
せっかく来てくれた人に見せたい気持ちも分かるがそこまでして見たいもんではない。
ちなみにとても小さなキノコなので見応えはないと思う。
ま、これがこの島の行く末を暗示している。
屋久島のことがふと頭に浮かんだ。

ガイドがなんか悪いねと言ってかわりにオレンジぺぺを見せてあげると言われた。

IMGP0394.jpg















国立天文台の直径20メートルの電波望遠鏡だ。
オレンジ色にライトアップされている姿はでかいキノコ。
大きさが伝わらないのは僕の腕が悪いからなので許して欲しい。


でもって僕が1番印象深かったのは防空壕である。
激戦地硫黄島に近い小笠原は戦跡がたくさんある。
基本的にガイドなしでは行けない決まりになっている。
案内されたそこは広い元倉庫だった。
発破と手掘りで作られたその空間には圧倒された。
さらに夜だと怖さも加わる。
当時のノミなんかも置いてあったけどいくつかは持ち去られたらしい。
観光客が増えると悲しいことも起こる。

縁起が悪いから嫌がる人もいると思うけど感慨深い。
良く見ると島の岸壁には人間が作ったとしか思えない穴がたくさんある。
ちなみに戦闘で死んだ人はこの島にはいない。
ほとんど病死らしい。
それも兵士だけで一般人は島から出されていた。
だからそこまで気にすることはないはずだ。


そして、やっとのことで長い1日は終わった。

スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/641-992348e4