Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
恥の多い生涯を送って来ました


今朝、起きたら眼鏡が無く、「メガネ、メガネ・・・」状態に。
探せども探せども無いメガネ。
スペアのメガネをしばらく掛けていたら度が合わずに気持ち悪くなってくる。
気持ち悪いし寝足りないけど寝られないし・・・。
このままメガネが無くなったらどうしようと思いながら再度探したら
ベッドと壁の隙間に落ちていた・・・。
日曜の朝の僕は何をしてるんだろうか。




さて、図書室でマンガで読む人間失格という本があったので読んでみた。
以前にちゃんと小説読んだけどもうあんまり覚えていなかったからね。
マンガだと20分で読めるから楽なの。

ま、有名すぎる本の主人公は本当に人間失格なのかなと思った訳。
読んで感じたのはこの人で失格だったら世のかなりの人が人間失格だなってこと。

それなりのきついこともあるけど良い家柄で頭もよい。
才能もあり異性も寄ってくる。

それが崩れていくのがどうこうなんだろうけど「いいじゃないの」と思ってしまう。
薬物依存になるけど、脳病院に入れられるけど働こうという気はあるしね。
働く気がある時点で失格なのならあれはどうなるのか、これはどうなるのかと考えてしまう。

結論として失格じゃないしモテモテじゃないのさと思ってしまった。
こんなんだったらとても入水しようとは思えない。
当時はそんな風潮だったのかなぁと思ってみる。

共産活動、心中やら女遊びやら幼少のトラウマ、クスリ、その他諸々。

とりあえずそれでも僕よりおおいに上。

なんかまぁ、なんだなぁということだ。


スポンサーサイト

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.06.11 00:40  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/628-e33651e4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。