Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
東京に来た2つ目の理由。
小笠原に行きたい。
理由は日本で1番遠い場所。
距離も時間も遠い場所。
どんなに早くても往復に1週間はかかる場所。
仕事をやり始めたら間違いなく行けない場所。

家の事情で海外は行けないというのもある。
安い東南アジアにしようかと思ったけど口蹄疫がある。
事実、行きたかった台湾で発生してた。
これで万が一安愚楽牧場みたいなことしたら首を吊っても足りない。
ヨーロッパとかは費用的な面で無し。
ということで小笠原になったのだ。



翌朝は早く起きた。
そうしなければいけない理由はただ1つ。

チケットをまだとっていないから・・・。


思い立った日に運航している小笠原海運に問い合わせしてみる。
しかしもう当日券しかないらしい。
ここまで来てチケットを取れずに帰るのだけは避けたい。
だから僕は焦っていた。
9時半からの販売と知っていたけど8時に開く竹芝桟橋。
だったら並ぶしかない。
待つのは嫌だけどこれでとんぼ返りはもっと嫌。
なので8時ちょうどに着いた。
これなら大丈夫だろうとね・・・。


そしたらむっちゃ人が並んでいる。
びっくりするくらい並んでいる。
なんで?どうして?
フェリーってガラガラが定番じゃないの?

持っていた余裕が消えて焦りに変わる。
とりあえず列に並んでみたけどこれは乗船手続きの列みたい。
30分は無駄にしてしまった。
各所に聞いて回ってチケットの販売所に向かう。
そこに並んでいたのは2人だけだった。

とりあえず安心した。
安心したけど不安は消えない。
こんなにフェリーに乗るんだったら当日券も怪しいのじゃないかと。
そんなこと心配していたら後ろにあっという間に長蛇の列ができていく。
でもまぁ、なんとかチケットは入手できた。
2等しか空いていなかった。
ま、フェリーには慣れているつもりだったのでそこでいいとなる。
ちなみに料金は片道23,000円。
怖いので往復で買った。
手帳があるので半額になるのはちょっと得した気分。


チケットを買う間にこの旅にはかなりの問題があると分かった。
まず、宿。
ほとんど予約で埋まっているらしい。
そしてツアーも予約でいっぱいらしい。
シーズンオフなのにだよ。

侮っていた。
聞いてみれば小笠原は世界遺産になるから急激に旅行客が増えたらしい。
原発事故での東北離れ、さらに学生の春休み。
納得できるけどここまでとは・・・。
さすが東京。

焦って島のパンフレットを見る。
確実に宿の許容量より人数が多い。

どうする、どうする、どうする・・・。

とにかく宿を確保しないとと思うけど乗船手続きが始まって動く列。
荷物もあるので電話できない。
船の上ではもう電波届かなくなる。


仕方ない、どうにかなるさと思って船に乗り込んだ。
そして驚愕の狭さの2等船室。
IMGP0291.jpg















密航船状態。
60×175くらいしか自分の空間が無い。
ここに25時間。
厳しいなぁと思いながらも場所を確保して部屋から出る。
ここにいたらおかしくなりそうと思ったから。

船内を探検してたらさっきチケット買ったときの2人に会った。
1人は33歳で思いつきでの旅、かなり冷静と言うか冷めたタイプ(無職)
もう1人は68歳でこれも思いつきでの旅。
家の事情がかなりややこしい感じ。
息子が小笠原にいるので会いに行くために岩手から出てきたそうな。
旦那の親の介護やら家のなんやらで家にがんじがらめで一大決心で出てきたそうな。

これも何かの縁ということで3人で船室ではなくソファーでずっと話をしていた。
自分のスペースの狭さもそうだけど船の揺れ。
横になってしまうと揺れを強く感じるので座っている方がマシなのだ。
全く時化てはいないけど外洋なので慣れない人間には堪える揺れだった。
気を抜くと船酔いする。
なので話をしながらずっと座っていた。
席を取られないように交互に食事に行ったりしながら。

ソファーにはいろんな人が来た。
ずっと飲んで騒いでいる人。
じっと座っている人。
年配の人がとにかく多い。

そうそう、福島の団体さんがかなり陽気に騒いでいた。
そっちはどうですかと聞いたら明るい返事が返ってくる。
だけどその人たちは二本松の人。
やっぱり浜通りやら相馬の辺りは大変らしい。
しっかし陽気だった。
ずっと飲んで騒いでいた。

やっぱり寝ないといけない。
座っているだけどもきついし明日に響く。
部屋に戻って寝ようとしたけど自分のスペースにたどり着けない。
狭くて足の踏み場が無い、自分の足の悪さ、船の揺れ。
これじゃ他の人に迷惑をかけてしまうので駄目元で船員さんに相談。
そうしたら病人専用の部屋に移動となった。
15人部屋に4人のゆったり空間だ。
やった!
けどもしかしてこの人たち病気だとしたら何?
風邪?インフルエンザ?
それは困ると尋ねるとそうではないですから安心してくださいと言われる。

ちょっと寒い部屋だったけれどもゆっくり眠ることができた。

そして朝5時に目が覚めてせっかくなので朝日を見にデッキへ行く。
曇っていてあんまり奇麗じゃなかったけど面白い雲だった。

IMGP0295.jpg

IMGP0301.jpg
スポンサーサイト

東京に来ているようですね。
千葉へも足をのばしませんか?
宿泊OKです。
近くまで迎えに行きますよ。
福田

2012.03.22 05:44 URL | 福田正弘 #- [ 編集 ]

福田さん
ごめんなさい、もう帰っちゃいました。
またそっちに行くときは連絡します。
小笠原で疲れ果ててすぐ飛行機に乗っちゃいました・・・。

2012.03.22 10:37 URL | りゅうじ #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.06.09 13:48  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/614-c63425e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。