Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「覚悟が足りなかった。」
手術してからちょうど一年経つ。
それなりの覚悟をしていたつもりだったけど足りなかった。
予想以上に後遺症が残った。
当初、後遺症は今現在程度を予想していたのだから。
全く動かないからのスタートは予想外のはるか上をいく。
医者が悪いとかは思わない。
どう考えても悪いのは僕なのだから。


街ですれ違う身体障害者や精神障害者。
こういう状況になるかもしれない。
19歳からその人達に対する見方が変わった。
普通は「大変だねぇ」「かわいそうだねぇ」の同情や哀れみの感情だろう。
だけど僕の場合は「明日は我が身」という感情になっていた。
前者のような感情もあったけど後者の感情が勝っていた。
若い割にでかい生命保険に入っていた。
介護保証も要介護になったら結構もらえる内容だった。
明日は我が身と思い、時間をかけて覚悟してもこの程度なのだ。
理由は簡単、今まで当たり前だったことが当たり前でなくなる。
これがあまりにも大きい。
歩く、掴む、持ち上げる、バランスを取る、力を入れる。
いきなりこういうことができなくなるのは大きい。
普通は何気なくやることができない。
できないだけならまだしも、これに違和感と痛みが付いてくる。
この違和感が何をするにも邪魔をしてくる。
肩から腕の違和感。
筋緊張が高すぎる。
あと、足。
どこがちゃんと機能してないのか分からないけど痛い。
くるぶしが体重を支えられてないようだ。
たまに痛くて歩けなくなる。


でもまぁ、最初の状態と比べると回復した部類だと思っているし思いたい。
リハビリの目標は1年間。
もう病院でも相手にされないし、仕事しだしたら病院なんて行けない。
自分で出来る範囲はやるけれど現状維持が精一杯になるだろう。
出来ることは大幅に減って、反対に出来ないことが増えた。
けど、どうにもならない。
まだまだ上には上がいる。
とんでもない状況にならなくて良かった。
命に関係あることもないし。
そう思い込むしかないのね。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/432-05cae985

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。