Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ここ10年くらいの疑問が晴れそうな感じだ。
何がって言うと二酸化炭素は悪なのかってことだ。

なんとなく気候が変わってきているような気がする。
二酸化炭素が増えて気温が上がり、温暖化しているだからという。
だから二酸化炭素は出さないようにしないといけないってことだ。

しばらく情報に縁がなかった。
温暖化の原因は二酸化炭素のせいではないのではないかという意見。
これが増えている。
思っていたとおりになったら世界の潮流は間違っているということになる。
おもしろい。

二酸化炭素の排出量を減らさないといけないらしい。
だったら自動車をなぜ作り続ける。
なぜ優遇してまで売らないといけないの。
燃費の良さは重要だけど古い車が悪いってのもおかしい。
景気が悪くなったら環境なんて言わない。
中国・アメリカに売って消費してもらおう。
気がつくと消費・消費・消費だ。
不思議だね。

二酸化炭素を悪と言ってしまったら自身の存在を否定することになる。
身近なとこだったら人間だよ。
呼吸してるんだからさ。
工場やらも問題だけどガスや電気を使った料理にもなんか言わなきゃ。
排出権取引も胡散臭い。

そらあんまり出さないに越したことはない。
ただ、温暖化の原因じゃないんだろうか。
地球の温度変化のリズムはもっと違う原因があるんじゃなかろうか。
寒冷化や温暖化はこれまで起こってきたことなんだよ。
それは人間の尺度で測れるものなのだろうか。
とりあえず寒冷化にならなくてよかったじゃない。
島が沈むってそらそうさ、地球上のすべては動いている。
海抜1~2mくらいだったら不思議じゃない。


でも、有限資源は大事に使うべきだと思う。
化石燃料・希少金属等々が無くなってしまえば今の生活はできなくなっちゃうからね。
二酸化炭素よりも生活。
これが本音。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/401-dbf9ba2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。