Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
最近読んでよかったと思う本をいくつか。

「赤い月」
なかにし礼さんの小説。
満州に夢を見て、満州に地獄を見た女性の物語。
著者も引き揚げ経験があるようでやたらリアル。
主人公が自由というかなんというか。
とりあえず著者をすごい人だと尊敬。
別の本も読んでみたくなった。


「プラナリア」
山本文緒さんの小説。
無職をテーマにいくつかの短編から成り立っている。
現在の自分を重ねてしまうのが悲しいとこ。
でも、以前から気になっていたのですっきりした。
直木賞受賞も納得。
著者と似た名前の人を思い出し連絡してみようとしてしまった。
でも、話のネタがないし、連絡先のメールアドレスが生きているかわからないからなーんにもしてない。



「鴨川ホルモー」
万城目学さんの小説。
なんでもいいから文庫本が欲しくて入ったコンビニに唯一あった本。
鴨川というだけあって京都が舞台というか正確には京都大学のサークルが舞台。
読めばホルモーの意味も分かる。
なんだかんだで京都に縁があるので「すうっ」と地名やらなんやらが理解できた。
北の京産大、東の京大、西の立命館、南の龍谷大と出て参ります。
ただ、作中での設定通り四条烏丸を中心と考えたら「ん!?」と思ってしまう。
それだったら北のノートルダム女子大、東の京都女子大、西の京都外語大、南の龍谷大じゃないのかなぁ、って思ってしまうのは僕だけじゃないはず。
でもそうしたら話が成立しないか。
京都で学生してた人はおもしろさが増すはず。(はい、僕は正確には滋賀ですが何か?)
映画も公開中らしいね。
何も考えず読んだらおもしろい。
いかにもサークルって感じが。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/365-4338f9ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。