FC2ブログ

Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

3月も終わりかけに近付き入院とリハビリに対する不満と疑問がピークに達した。
入院に対しては周囲に認知症患者が多すぎるということ。
皆、好き好んで認知症になっているわけない。
そんなことは分かり切っている。
でも、入院患者の3割が認知症の高齢者でその中で過ごすというのはきつい。
自分に直接関係なくてもきついもんはきつい。
ちょうどこの時期にちょっとしたことでわめき散らす婆さんが何人かいた。
食事は同じ場所で取るという病院としては管理しやすい決まりがあったので当然皆さん勢揃い。
わめき散らす婆さん見ながら飯を食うと当然気が滅入る。
やっとその婆さんがいなくなって落ち着いたと思ってたら今度は認知症じゃない爺さん。
今度はかなりの変わり者でまず食事を全てぐちゃぐちゃに混ぜて食うのだ。
しかもそのテーブルには爺さんと自分だけ。
そのぐちゃぐちゃの残飯のようなものを見ながらこっちは食わなきゃいけない。
当然、飯がまずくなる。
また、飯が来るのが遅い遅いとひたすらに愚痴を言い続けそれの相手も一日三回必ずしなけりゃならない。
ちなみにご飯は決まった時間にちゃんときてる。
爺さんが勝手に早く席につきわざわざ長い時間待ってるだけなのに。

リハビリに対する不満も入院と近い理由だ。
認知症の患者の相手は当然時間がかかる。
となるとこちらのリハビリしてもらう時間まで短くなるのだ。
老人優先になっちゃってこっちに手をかけてもらえない。
これは何が悪いかって人手不足。
リハビリのスタッフが悪い訳じゃない。
それなりによくやってもらってる。
それは本当に有り難いことだ。
だけど破綻にリーチのかかっている病院だから何もできない。
そうだ、ついでに主治医がどうしようもないダメ医者というのもある。
ここまで信用できない医者はそうはいないだろう。
とりあえずリハビリの先生なのにリハビリのこと何も知らないのはちょっとどうだろうか。

潰れかけの地方公立病院。
これでも出水市の医療の最後の砦だ。
受け入れ先もいっぱいで認知症の患者を外に出せない。
医者は逃げて減り、どうしようもない医者に当たってしまう。


自分で選んだのだけどこんなとこだとは思ってなかった。
何よりも自分にリハビリの知識がなかったのもいけなかった。
ただこれについては情報がないのだ。
実際に聞いてみてようやくぼんやりと分かってきたくらいだ。
そんな状態に付け加えて手術で参っていたのだから厳しい。
手術前の段階で後遺症はほとんど出ない。
出さずに取ってみせると言われた主治医の言葉を信じていた。
直前には難しいって言われてたけどね。
ちょうど検査入院していたときにやってた手術がうまいこといってたのに安心していたのもある。
ま、自分の状態をきちんと把握しておらずの段取り違いだった。


そんなことでどうにかしようと思いソーシャルワーカーに相談しに行ったのだ。
ここで悔やまれるのがこのソーシャルワーカーの使い方を知らなかったことだ。
入院手続きを母親にやってもらって説明があったのを知らなかった。
というよりソーシャルワーカーの使い方を知っている人はいるのだろうか?
とりあえず事情を説明して転院先をリストアップして探してもらうことにした。
入院期間も長く、回復期病棟に入ってだいぶ時間が経っているので受け入れ自体難しいのは分かっていた。
そしたら案の定リストアップした全ての病院に断られてしまった。
こりゃ、きついなぁと思ってたら一件だけ検討するという返事が返ってきたのだ。
スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/363-21773659