Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
同じ病室のじいさんは志村けんを思い出させる。

昼間の行動はドリフのコントそのもの。
あの喋り方、そしてよくあれだけ手が震えてるのに飯が食えるもんだ。
すごい揺れ幅。

夜になると自我というものが無くなってどこか違う世界へ行ってしまう。
でも精神は違う世界にいても肉体はここにいるのだ。
彼は数分おきに動きナースが飛んでくる。
僕も枕をもらった。
よく眠れよということなのだろうか。
こういうことを朝までやられてナースもくたくた、僕も寝不足。
朝の6時くらいに深夜勤務で疲労もピークのナースが「いい加減にしてください!!」と叫ぶ。

別に誰も悪くない。
悪くないけど寝かしてくれ、明日は大事な日なんだ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/311-5cb61fd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。