FC2ブログ

Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

翌日の朝が早いときに限って眠れない。
眠るのが怖いのはなぜだろう。
余計にきつくなるのは分かっているのに。

始発の電車に乗って羽田に向かう。
行き先は寒いらしい。
こんな季節なのに長袖を着ている。
明け方なので肌寒いからあんまり違和感が無い。

飛行機に乗るのは20歳のとき以来。
しばらく乗ってなかった。
スカイメイトがあるときはよく使っていたのに。
ここんとこ新幹線と船ばかりだった。
目的地は若干肌寒い。
長袖は正解だったみたい。

会いたい人がいてほとんど押しかけるような感じで行ってみた。
予想通り簡単には会えない。
会うためにはただ待つしかない。
古い建物だとは知っていたけど本当に古い。
20年程前でも古いと感じそうな場所にはたくさんの人がいた。
僕もその中に混じって待つ。
冷房もないその場所は暑いというか息苦しかった。

今日はだめかもしれない。
そう思い始めた4時過ぎに名前を呼ばれた。
部屋に入るとあの人がいる。
色々話をしてみた。
やっぱり難しいらしい。
断られると思ったらできると言われた。

「君はけじめをつけに来たんでしょ?」
そんなことを言われて「・・・、はい。」と答えてしまう。
「今まで見ないようにしてきたけどそうもいかなくなったんでしょ?結婚するの?」
「いえ、そういうもんじゃないですけど・・・。」
「そうじゃないとしても今27歳、そういう時期だ」

そんなこと言われて曖昧な返事しかできない。
本当はそんなもんじゃない。
怖い?確かに怖いさ。
でも違う。
簡単に分かりやすく言うと「逃げ」この一言になってしまう。
あの頃に戻りたいとか訳の分からないこと言うつもりもない。
戻れる訳が無い。
むしろマイナスになってしまう。
分かっているけどそういうことかもしれない。

「時期は連絡する。」
「君は首を洗って待ってなさい。僕も手を洗って待っているから。」

部屋を出て薄暗い廊下を歩いていると泣きたくなった。







帰りの飛行機。
空港で電話をしたら驚かれた。
何でそんなとこにいる。
なんでやるのかと。
「いい時期だから」と答えるけどそれは答えにならないだろう。
迷惑この上ないし、時期も最悪だ。
分かっているさ、僕も馬鹿じゃない。

スポンサーサイト















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/236-2a5b38b0