Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あけましておめでとうございます。

あなたは正月をどのように過ごしていますか?

僕はいつも通り鹿児島に帰っていました。

特にこれと言ったことはありませんが少し学んだことがあります。


結婚した人がいました、仕事を変えた人がいました、どこかに行った人がいました。
会いたい人がいました、会いたくない人がいました、会えない人がいました。
聞きたくない話を聞いてしまい、見たくないものを見てしまいました。
時間が解決してくれることを知りました、時間がややこしくしてしまうことも知りました。
知りたいことがありました、知るためには犠牲が必要だと知り諦めました。
友達がいないことを知りました、友達がいることを知りました。


いい意味でも悪い意味でも物事は変わっていくということです。
僕は相変わらず僕のままで取り残されているような感じもします。
それが自分であることも知っています。


帰るたびに後悔する。
帰っても何もいいことは無いのだから。
あったとしてもそれ以上の情けなさを知ってしまい結局マイナス。
自分の為ではなく家族の為に帰ると思うべきなのだろうか。
それはそれで情けない。

そこいら中に散らばっている地雷を踏んでしまう。
ここは地雷源って知っているのにさ。
地雷が地雷で無くなることを待たないといけない。
いや、踏んでも平然といられるようにならないとね。
せめてそこまで成長しなければ。



さてさて、ちょっとおもしろいことがありました。

暇つぶし用に古本屋で小説を買ってみたら中に四葉のクローバーが入ってた。
ちょっとした小説の短編集だから多分乙女チックな元持ち主が入れたのかなと思う。
そこまではよくある話だけどその挟まっていたページの話の登場人物がリュウジ君。
リュウジ君は10代後半、何もかも嫌気がさしてドラッグにはまり、自殺しようとして失敗。
その後改心し、京都の大学を目指す。
最終的には素潜りをしよっかなって思いながら線路の上でセックスして「うん、きれいだ」って終わるのかな。(作者はその筋では有名な作家さんですよ)

自殺もドラッグも関係ないし別に自分と同じとは言わないけどさ、
ちょっとした偶然に帰りの電車の中笑ってしまう。

ずっと嫌いだったその電車のその区間でこんな偶然はなかなか無いはず。
どこかの乙女(あくまで若い女性希望)にありがとうと言いたい。


ついでにもう一つ。
近所の神社でおみくじしてみたところ中吉で全部いいこと書いてあるの。
ただ、恋愛については「思うだけでは駄目」とここだけいいこと書いてない。
これ以外ないってくらい的確なアドバイス。
夕方の人気の少ない境内で「ユー、ドゥしちゃいな!」と言う誰かさんを思い出す。

なーんかしないといけないんだろうな。
いや、本当にさ。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/200-6bb4e5e3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。