Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
起きてテレビをつけたら農業で起業した人のことやってた。
外資の保険会社の営業をやってて、起業したとのこと。
農業に興味のある若い人を集めて野菜を作る。
従業員が8名くらいだったかな。
作付面積が9ha程。
みなさん生き生きとして仕事をしている。
完全無農薬ではなく低農薬栽培。


社長の親は百姓だけど家を継げとは言わなかった。
むしろ農業なんてするな、勉強して会社勤めをしろ言う。
その通りに会社勤めをしたけど色々な考えがあり農業をすることになった。
そんな感じで意外とよくあるタイプの番組なのかもしれない。


ボーっとその番組見ていたら他人事じゃ無いなと思う自分がいる。
こういうことやりたいなと思う自分と否定的になる自分。
確かに魅力はあるのさ、それはよく分かる。
でも、これでやっていけるのだろうかと疑う自分もいる。
どういうことかというとたった9haの作付面積で本当に収益が上がっているのかということ。
ポイントは普通の野菜を作っていて従業員をかかえてやる作付面積じゃないのね。
計算したわけじゃないけどかなり厳しいと思う。
本当にできているのだろうか、補助金か?
ま、金にこだわると違う商売したほうがいいと思う。
それくらいに厳しい状況だ。
そういうもんだろなと思えばそれまでだけどそうじゃいけないと思うことも必要。

なんで農業離れが起こっているかというと収入の面が大きいと思う。
飯を食っていくには安定した収入ってのは不可欠。
ただ、この安定というものは本当に難しいこと。
いろいろ問題はあるけどその中でやっていくことが大事なのかな。
やっていけている人はいるんだし。










農業って国の土台だと思うのさ。
農業があっての国なのじゃないだろうか。
独立した国家としてやっているのに食料は作れないということはどういうことになるか。
国が滅びるんじゃないだろうか。
食を国外に頼るとそうなるリスクを伴う。
どうなるかって、今は良いと思うけどこれから先きついことになるさ。
絶対に食糧危機は起こるから。
最近それが現実実をおびてきてるさ。
人間が食べるものを燃料にしてしまおうとしているのだから。
バイオ燃料とは聞こえが良いが食べる人間を切り捨てることになるのじゃないか。
とうもろこしとかサトウキビの場合だけどね。
それ以外はどんどん進めてほしいよ。
ただ、今はそんなことになっている。
怖いことだ、これがさらに拡大するとどういうことになるかは明白。
必ず豊かな国が貧しい国を切り捨てる。
自分のとこで精一杯という理由でさ。
もうしばらくは人口は増え続けるだろう、そうなればさらにひどくなるよ。
こういうことになるということはずっと前から分かっていたことなんだからなぜやらない。


買い物してたら輸入物の生鮮食品の多さに本当に驚く。
貯蔵のできるこくもつとか加工食品はまだ理解できるけど
ブロッコリーとかオクラ、白菜なんかを輸入する必要があるのだろうか。
無いでしょ、国内のものだったら高いからなのか?
そんな考え方でいいのか?

異常気象とか戦争で輸出国が輸出できない状態になったとき日本はどうなる?
食料が不足して工業製品の輸出どころじゃなくなるんじゃないかな。
国はそうならないようにいろいろしているんだろうけどそれをね、
それをもっと農業に向けなければならない。
農林水産大臣という人は本当に優秀な人がなるべき職ではないのか。
実際、どうでもいい人がやっているんじゃないか。
自殺したりバンソウコウ貼ってムッツリして、あっという間に消えるとか。
話にならないんじゃないか。

どうにかしなくちゃいけない問題、外交問題より大事じゃないだろか。
それが失敗したらえらいことなるんだから手を打っとかないと。

全部を国内でまかなうことは難しいけれどせめて半分くらいはさ。
そうしとかないと60年前の日本になりかねないのだから。
もっと真剣に取り組まないと2~30年後には大量の餓死者が出る国になって、貧しい国の仲間入りかもしれない。とても工業なんかじゃない。


案は無いけどとにかく農業の地位向上、食に対する考えを変える。
輸入自由化は聞こえはいいけどこれほど怖いことはないよ。
弱小日本と農業大国の差は明白。
工業製品と農産物は別物。
対等にはなれない。










スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/171-b7924118

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。