Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
居酒屋で飲んでいたら1人がこんなことを言った。
「今度、看護婦さんと合コンやるんだ!」
一同、盛り上がり羨ましがる。
白衣の天使に癒してほしいとかなんとか言っている。
ま、よくある光景かもしれない。


純粋に羨ましがっていればいいのだろうけどちょっと考えてみる。
多分、男どもが求めるものをあの人たちは持っていないんじゃないかなと。


看護とか福祉やっている人の知り合いがそこそこいるんですよ。
一番身近で言えば母親、親戚、友人等。
その人たちはどういうタイプが多いかなと考えてみると共通してること。
それは夢見る少女タイプ(男含む)がいないってこと。
逆の現実を見つめるタイプが多い。


その原因は職場でしょう。
ただの人間相手の仕事じゃない。
弱った人間の相手をしなければならないのだから。
もちろん生き死にに立ち会うし。
そんな場所で夢見がちでいられるだろうか。
それじゃ困るよね。
現実を見て受け止められないとどうにもならないだろうし。


もちろん白衣の天使だと思うけど、男ってバカだからその白衣に
純真とか清らかとかそっちを求めてしまう。


実際の白衣は人間の汚物やら薬品の近いとこにいつもある。
清潔にしているけど実際はそうなんじゃないかな。


仕事終わって癒しとか求められたら、たまらないだろうな。



と、思ってみたりしました。
探せばいると思うけどね、天使みたいな人。
でも、求めすぎたら悪い気がする。
天使だって人間だもの。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://dragonworld.blog16.fc2.com/tb.php/169-0481e2c9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。