Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
もう半年前の話。
種子島でロケット打ち上げが成功したとNHKニュースを見てふと思った。
小さな衛星打ち上げるためにどれだけのことをしているんだろうと。
その日は33歳の誕生日。
たまたまその衛星の名前が自分が付けらていたかもしれない名前だった。
結果湧いてくる勝手な親近感。

ロケットの目的はただ衛星を軌道に放り込むということ。
だけどそれがどれだけ難しいかだ。
はっきりとした目的があって頭のいい人たちが集まって、
考えて試して試して満を持しての打ち上げ。

小さな衛星を地球の外に送り出すにはこんなにもエネルギーってやつがいるんだ。
自分はエネルギーはもちろんこの一つの目的とやらさえ分からないんだな。
そう思って弁当を食べていた。
なんかやたらと覚えている。






広い建物の中は薄暗くあんまりきれいでもない。
そんなとこで迷って思わぬ発見。
痛みが出ないようにするじゃなくて瞬間的に激痛(根本を治す)を感じ、痛みを和らげる。
そういうやり方の方がいい。
苦しくて涙が出そうな状態から苦しい状態へのステップアップ。
先は長い。

この感覚が欲しいんだよ。
久し振りのこの感じ。
痛いとか辛いとか苦しい思いをしないといけないんだなと改めて思った。
そうするとちょっとしたいいことが刺激的になる不思議。


分かったようで分からない。
とりあえずロケットはシンプルが一番いいらしい。







スポンサーサイト
高速道路を走っていたらいきなり目の前に黒っぽい影。
ん?、と思った瞬間にドン!と衝撃音。
何事かと思ったら鳥がぶつかったようだ。
フロントガラスに残る鳥の体から出た何か。
幸い車は無傷、多分鳥はさようなら。
いやぁ、驚いた。
友人の結婚式で長崎へ。

ホテルのフロントでなんかにおいがするなと思ったらあれだ。
ナフタレン的なやつだ。
濃度の濃い香りで不思議な気分になる。
きっと年季の入ったタンスと着物なんだろうな。
親族ご一同様、わざわざ鹿児島から長崎までお疲れ様です。
鹿児島から長崎への移動は10年振りくらだったけど相変わらずしんどい。
佐賀経由ではなく熊本から楽にショートカットできたらいいのにね。
ま、福岡中心である限り難しいか。
ただ、新幹線はいらないと思う。

新婦の友人代表の言葉。
「私たちは親友じゃなくて深友だよ」
ものすごく心に引っかかった。
こんな事言えるなんてすごい。
自分には絶対言えない言葉。
若さか、これが若さとそれ以外の何かなのか。
あぁ、女の子の友情ってやつなのかとおじさんは考えてしまった。

出席している地元の友人は全員知っているというのは珍しい。
ほのぼの同窓会みたいな披露宴だった。
こんなのは好きだ。


その足で東京へ、2件目の結婚式。
浜松町で道に迷いかけて悲しくなる。
迷うような駅でも街でもないのに・・・。

式場はとてもおしゃれ、気後れする程に。
披露宴自体も実にスマート。
両人が皆に祝福されてるなと感動。

そして気になっていたことの謎解きもできた。
勝手に解釈してみる。


そうそう、久し振りに会った友人の一言。
「学生時代にもっとはっちゃけておけばよかった」
結婚式とはいえ高いヒールと学生時代のイメージが離れすぎて。
スカートすらくすぐったい感じ。
かなりの割合でチェック柄だったよなぁ。
でもまぁ、10年以上の間に大人というか女になったのね。
そりゃ当然か。

お見事と言いたくなる披露宴。
兄さん、すごいです。
尊敬します。


2人とも年の離れたお嫁さんで。
7つ、8つ下。
これが世の流れなのか・・・。
なーるほどね、よくできている。













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。