Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

なんだろなぁ、この気持ち。
頑張ったら勝てなくともいい試合になるはずなのに。
ノーアウトランナー無しで送りバント。
セーフティではなく送りバント。
進めるランナー無し、ただ成功してもアウトカウント増えるだけ。
強いて言えばエラー待ち。
そんな都合よく試合は動かない。




そんな嫌な感じしかしないムナシサ。
スポンサーサイト
田んぼの広がる地域に小さな池がある。
そこにいる魚を見に行ったら不自然な家族連れがいた。

iPadで地図を見ながらどこかに行こうとしているが肝心の足がない。
ローカル線を降りて観光しているらしく話を聞いたら徒歩で最寄り駅まで行こうとしている。
8月の昼間の強い日差しと少なくともここから5キロ弱ある道のり、影もないし、明らかに無謀だ。
そこまで来るのに大分歩いてるし、小学生の子供もいるからやめといた方がいいですよとお父さんを説得して駅まで車で連れていった。



あの道を歩いている人なんて初めて見た。
ローカル線の旅、バスもないところならタクシー使わないと無理です。
一駅が遠すぎるんだから。

もしかして余計なお節介だったかな。
いや、間違ってはいないはず。
最初はシンガポールくらいならと思っていた。

次に北海道かなと思っていた。

さらに次は定番の関西かなと思っていた。

いやいや高速で行ける阿蘇かなと思って宿の予約の確認画面を見つめて、
最期の一押しができなくてやめた。



どーしたもんかと思っていてのぐりとぐら展&ねこ展(いぬ展含む)に行くことになった。
むっちゃ近所。
鹿児島中央駅から3キロ以内・・・。
姪が来ることになってその案内というガイド兼お父さん2号の1日。

大人しくて聞きわけのある子だけど
あぁ、お父さんにはなれないなぁ。
あと10年も無い期間限定のリリーフお父さん2号でいいか。
疑似家族で学ぶ。

楽しく過ごしたけどすっごく疲れた。
そんなに動いてないのに体力無さ過ぎ。
これでは長距離厳しいか。
梅田でへばる自分が目に浮かぶ・・・。

旅に行かなくてよかったと思うのは違うか。
違うな。






スーパーで買い物して車に乗り込んでさて動こうとしたが、一呼吸おこうと何となく思った。
ふぅーっと息を吐いた瞬間、子供が二人車の前を走り抜けた。
何も考えずの全力疾走である。
左側の死角からで全く気付かなかった。

この一呼吸が無かったら確実に当たっていた。
当たって巻き込んでどうなったことやら。
命はどうこうなくても結構なことになりそうだ。


こんなことで人生が変わるかもしれないと思うとただただ怖い。
自分はなんつーリスクで車に乗ってるんだ。

住んでいるここら辺は子供が多くてこんなことがよくある。
気を付けていても飛び出してくる坂道全力疾走の自転車なんか避けられない。


自分の運転が下手なのがいけないのだけれどね。
運転するのが怖い。
だけど乗るしかない。
とりあえずあのスーパーには近づかないようにしよう。
いつかやってしまいそうだ。