Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
この道はいつか来た道

あぁ~










つまらない研修の帰り道。
海沿いのあんまり通らない道を通ったら思いがけないとこへ。
ここに繋がってるのかと思っただけの話。
そうだよ、考えてみたらなんともないことなんだけど分からないんだ。


地理が好きなはずなのに地図が覚えられなくなって久しい。
道に興味が無くなってさらにナビ頼み。
覚えられないのか覚える気が無いのかそういうとこを落としたのか。
未だに鹿児島市内で道に迷ってしまう。

滋賀、京都、大阪の方ははっきりと分かるのにね。
地元が覚えられない不思議。




スポンサーサイト
IMGP1312.jpg















ふと、大きな木が見たいと思い屋久島へと思ったけど近くにあるじゃないかと行ってみた。
日本で1番大きい楠の木。

人と比較すると良く分かる。

にこにこぷんだねぇ。
としか思い浮かばない自分の感性の無さにがっかり。

本当は映画館に行きたかったけど地域の夏祭りに阻まれる。
じゃあ、と見たかったDVDを1つ借りてきた。
まだ公開中なんじゃないかと思うけどDVD化されててね。
見る人は限られてるから仕方ないか。

ショートムービーであっという間に終わる。
予想通りきれいだったけどきれいすぎて入り込めなかった。
これがブルーレイだったら映像はもっときれいだったのか。
しかし、ちょっと設定に無理があったかな。
それでも好きなジャンルではある。


ただ、15歳で27歳は異次元に近い。

17歳の頃に出会う23~4歳の教師。
これくらいなら納得できるのにね。




分かりやすいウソ。
分かっているウソ。
分からないふりをするウソ。

うそ、ウソ、嘘。
同じ読みでも感じ方が全然違ってくる不思議な言語。
うそつき、ウソツキまでは許されても嘘吐きは許されない感じ。
感謝してます



ありがとう、ありがとう
田舎暮らしがしたいんですか?

不動産屋にそう言われて「ただ静かなとこがいいんです」と返す。
確かにそう思われてもおかしくない場所ではあった。
都会暮らしには向かないけど田舎へのこだわりは無い。

近くまで行く用事があったので気になっていた不動産屋に入っただけ。
案の定紹介してもらえそうなとこは無かった。

引っ越す気も元気も無い。
2階建ての2階の角部屋、隣人は静か、階下の人も静か。
室内に不便は感じない。
職場にも近いし目の前の公園さえ目をつむれば満足している。

ただずっと気になっていたので聞いてみただけ。



あの店の通り沿いだから。
そう言われて店を探すが無い。
だいぶ歩いて、これ絶対間違っていると思い携帯で検索。
そんなことしていたら見覚えのある青い車。
嬉しいけど運転席にいる人には会いたくなかった。
何度か出て行って何度も帰ってきた元奥さん。
予想通りきれいな人だ。
僕はどう対応していいか本当に悩んで数分のドライブ。
人生とはなんじゃらほいと考えているような気持ちでいた。

若かった2人は燃えるような恋愛をして結婚したそうな。
でもずっと燃えていることなんてないんだよね。
一瞬の火力よりは長期間のくすぶりがいいのかなぁ。
くすぶりはくすぶりか・・・。
燃えている時にいい炭を作ってじっくり確実にが理想か。
消えそうになったら薪ではなく炭を投入。
そしたらじっくりじわじわは続く。


起きたら13時半。
ちょっと遅く寝て眠剤の追加投入があったけど12時間寝てた。
途中で目が覚めた時は身体が動かなかった。
たった30分程度歩いただけなのにこれか。
これはどうしたもんかいなとテレビを見ながらうだうだ。
外は暑くて公園には誰もいない、これは猛暑に感謝かな。
収穫もあったんだよ、歩きながら感じた身体の変化。
途中から足の違和感が消えたのだ。
普段の歩行距離じゃ全然足りていないということなのか。

気がつけば夜。
色々思うことの答えは頭にあるけど解答欄には書けない。



あいつが帰ってきてるから飲まないかと誘われるが盆休みなしの僕。
実家にいないと言うとあっさりと電話は切れた。

ふと思う、盆って何だろう?
何となくやってきたけど良く知らない。
我が家ではこういうの全然やらないのね。
仏壇はあるし、浄土真宗でさらに氏神様がいて・・・。
なんとなくは分かるけどちゃんとは知らない。
ただの仏教云々ではないんだと昨日知った。

子供の頃は終戦記念日に合わせた何かだとずっと思っていた。
とりあえず、先祖が帰ってくるのね。
海や川に行くなってよう言われたな。

さて、行き場のない方々はどうするんだろう。
帰ってこられるのはほんの少しの方達なんだ。
そしたらあれか、墓場で運動会的なやつなのかな。


うちの母方の祖父は信心深い人でそういうのはしっかりと教えられて母は育った。
お土産とか何かもらうと要冷蔵でもとりあえず仏壇へ。
年の近い従兄弟がやっているのを見ると感心する。

嫁に来た関係あるけど関係ない先祖の相手を一番している母。
そういう背景があるとはいえ、どんな気持ちなんだろう。
これの延長が旦那の家の墓に入るか入らないかのあれか。
そりゃあ問題だね。
なんかやってしまった。
やらかしてしまった。
何か分からないけど何かを。


いたい、痛い、イタい?
居たい、言いたい、言えない?


ダメな男とはなんぞやみたいなのがあった。
甘めに見ていってもやたらとあてはまる。
八割くらいはそうだなぁ。


そうです。
そうなんです。
まさにその通り。

それが答えなんだよ、君ぃ。
母ちゃん、牛に腕をやられた。
子牛と言っても200キロ弱。
200キロにに45キロのおばちゃんだったらそうなるよね。

病院に行ったらヒビが入っているだけで良かった。
しばらく痛みで気を失ってしまったそうな。
それなのに病院では4時間待ち。
我慢するよね。
ずっと前に親牛に持ち上げられているのを見ていつかはと思っていた。

おまけでばあちゃんも転んだ。
骨には異常なし。


なんか災厄を持って帰ったみたい。

劣化という名の老化が止まらない。

わたしがおじさんになってるが絶賛進行中。




さて、いけると思ったけどダメだった。
賞味期限切れ1年のしゃぶしゃぶのたれ。
味もにおいも大丈夫そうだったんだけど当然と言えば当然。
そして当然の結果の痛みを味わう。

だよねー、そうだよねー。








眠たくて 寝たくないけど 眠たくて

動くに動けぬ 花火の夜

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。