Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
チャッピーは14歳。
庭に出ていた飼い主に直接聞いて分かった。
フィラリアでもう立ち上がれないらしい。
典型と言えば典型。
うちの前の犬もそうだった。

最期の甘えか苦しみからなのか鳴き続ける。
昨日と比べたら1日で鳴き声がかなりか細いものになった。

スポンサーサイト
車から米袋取り出して部屋にいこうとした出勤前。
米袋抱えたまま転んだ。

朝っぱらから駐車場に倒れる。
かなり久しぶりに転んだ。
原因は車止めのコンクリ。
足払いを掛けられたみたいに見事に何もできなかった。

足元がお留守になってますよってどこかの神様の言葉を思い出すガッカリな朝。
見たいと思っていた映画。
残念ながら一番近くて福岡で上映らしい。
ま、これをジブリみたいにやっても赤字だろうし仕方ない。

ストーリーはだいたい決まっている。
人物はなんか合わない。
ただただ背景を楽しむだけだし。
それがいいんだろうけど一般受けしないか。
アニメーションの進化を知ることができるし、多分何かをえぐられるはず。
だけど見てしまう。

いいとこの1つにこの曲が使われているということ。
なんというか世代を越えても色あせない曲は名曲というんだなと再確認。
アレンジ云々抜きで古臭く感じないのは曲は元より歌詞で時代を感じないとこなんだろね。
映画の予告を見たときにドキリとした。


2013年 秦基博

1998年 槇原敬之

1988年 大江千里

僕は槇原敬之で知ったけどどれもいいと思う。
昼前に起きて外を見たらウッドデッキにチャッピーはいた。
今日も生きてるなと思った瞬間、庭の隅に穴を掘る飼い主。
どうやら死んだようだ。

犬にしてはと思う1.2m程度の深い穴。
左官屋をしている飼い主が工具を使いながら掘った。
深いのは臭い対策とのこと。

朝はまだ生きていてソーセージを食べたらしい。
だけどそれが最期。


死んでからやっと分かった本当の名前。
リキ。
チャッピーから程遠い男らしい名前だ。

お疲れ様、そしてありがとう、リキ。


身体がガタガタのガッタガタになってきた。

どうにも止まらない。


1年くらい前から冷凍庫に入っていたハンバーグ。
ついに手を出した。
焼き方失敗で中はレア。
家庭用冷蔵庫、1年、ミンチ。
この条件はなかなか。

洗っていない食器が溜まるシンク。
こうなってコンビニ弁当や総菜に手を出すと色んなことがダメになる。
そんな経験してダメになってどうにもならなくなったのにまたやってる。
そこから戻るのに2年以上かかったのにさ。
なーんも変わらない。

よくあるじゃない、何もないところでつまづくってさ。
自分が思っているより足が上がっていないのがだいたいの理由なのかな。
そう思うと悲しくなるのはみんな通る道。


部屋の中で裸足でいるとつまづこことがある。
それは分かっていたし理由も分かっていた。
真っ平らな床で自分の指につまづいていたのだから。
理由は簡単、足が上がっていないのと何よりも親指が下を向いている。
前々からそうだったけど回数がやたら増えて歩き方がおかしくなった。
自分でもこんな歩き方いけないと分かっていても矯正できない。
元々意識して歩く人間なんてそうはいない。
正しい歩き方も分からないし、身体ももう忘れている。
ここんとこ歩くのが億劫になっていた。

見てもらったら間違いなく、確実に悪くなっていた。
当然と言えば当然。
思い当たるとこもあるけど、ちょっと早くないかい?

短期間入院して集中してリハビリする?
そう言われてちょっと(自分にとっては)深刻なのを感じた。
なーんもしてこなかったこの2年のツケ。
返せますかねー。

どうにかして返さないと。
嫌だし出来ない例えではあるけど腕なら元利き腕をくれてやるさ。
だから足はせめて現状維持でこのままってのはダメですか。



胸が痛くなってきて「これはもしかして恋?」
なんて思っていたらどんどんきつくなって動けなくなるくらい痛くなる夜。
痛いし寒いし暑いし苦しいし。

とりあえず飲んだ薬のおかげで39度まではいかなかったけどなかなか。
インフルエンザなんかで節々が痛くなるのはあるけど胸の痛みってあるんだ。
やっとこさ下にある自販機でアクエリアスを買う夜中。
ここんとこ足に力が入らない。

マジデコワレル5シュウカンマエ。


5日じゃないから・・・、まだいけるか。

以前勤めていた会社の隣に結婚相談所があった。
見栄というか諸々の事情でいいオフィスビルだった。
引越しした時は驚いたもんだ。
雑居ビルからレベルアップしすぎだとみんな思っていた。
家賃も相当な額で、それなら給料に反映してくれよとね。
ただもう堂島の一等地で新築で屋上庭園もあったり本当にいいとこだった。


さて事務所の隣のオフィスが結婚相談所でね、しかもエリート専門。
男の入会資格の年収は700万が最低ラインだったけど実際はもっと上なはず。
何よりも社会的に地位の高い職業に就いていなければならないという絶対条件。
公務員だったら最低でも国家Ⅰ種、医者、弁護士、会社経営者、会社員でもせめて役員クラス
・・・、みたいな感じ。

いいとこのお嬢様的な人が来ていたのを見ていた(本物だったら必要ないか・・・)。
で、癖のありそうな女性を何人か見た。
同じフロアでも別世界で近くて遠い場所だった。

全く縁のないとこだったけどなんか思い出した。
キレイになりたい。

綺麗ではなくキレイ。

可愛いではなくカワイイに近いキレイ。


浄化が理想だけど漂白でもいいから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。