Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夜中に腹痛で目が覚めた。

どうしたかなー、変な物食べたかなー?
もしかしたらノロなのかなと考えていたらしばらくして治った。
ただの腹イタだったようだ。
しかし痛かった。

腹痛で目を覚ますなんて大阪での胃潰瘍以来。
あれは痛みより汗びっしょりになってひどかった。
掛け布団が重くなるくらい汗をかいていた。

ただの腹痛では初めて。
こんな初体験はいらない・・・。

中途半端な睡眠で始業のチャイムと同時に職場に着く。
あと10秒で初めての遅刻をするとこだった。
危ない危ない。


金曜日を乗り切って家に帰ってテレビを付けたら映らない。
というか動かない。
一応保証には入っているけど早すぎるだろうと困る夜。

適当にいじっていたら映るようになったので良かったけど残る不安。
高かったんだから7年くらい頑張ってくれいと願う金曜の夜。
スポンサーサイト
黒い土に根を張り

どぶ水を吸って

なぜきれいに咲けるのだろう


私は

大ぜいの人の愛の中にいて

なぜみにくいことばかり

考えるのだろう



星野富弘先生の「はなしょうぶ」

最近、なんかずっとこの詩が頭から離れない。

もうここには3回目くらいの登場かな。

ま、自分の場合はみにくいが醜いになるんだけどね。

無駄なことだと分かっていても考えてしまうんだねー。

醜い。
ここ2週間くらいで明らかに変わった。
太ももの突っ張りが気になりだした。
やっぱりボトックスは半年ではなく4ヶ月なんだなぁと実感。

動くとか治るとか期待はしていない。
だってただの麻酔だからね。
すこしでも状態が良くなるのであれば儲けもんだよ。
求めているのは筋緊張を落とす。
それだけでいい。
求め過ぎてもロクなことが無いからね。

今度は腕にもちょっとやってみようか検討中。
でも指は怖いからやめとく。

実家に行ってその日のうちに帰りたくて夜中にA-Zで買い物して帰る。
買い物を終えて少し走っていたら道路上に猫が轢かれていた。
夜道で気付くのが遅れて慌ててハンドル切って踏まずにすんだ。
片手で案外機敏な動きができたな、でも本当は踏むくらいのつもりでしないと。
それで車輪の間をくぐらせるのがベストなんて考えていたらやっと猫の事に気が回る。
放っておけば数分もしないうちにミンチになってしまう。
数百メートル過ぎていたが引き返して猫を動かしに戻った。
まだ、他の車には潰されておらずにいる猫。
下手につぶれていると時間がかかって僕も轢かれてしまう。
ビニール袋を持って車の切れ目に猫を歩道に移す。


猫が虫の息で生きていたらどうしようと思ったけどやっぱり死んでいた。
猫には悪いが正直ホッとした。
まだ温かく腹からは腸が飛び出している。
柔らかな真っ白な猫の体を歩道の隅に置いて問いかける。
圧死かぁ?せめて楽に死ねたからよかったのか?
そういうことにしてくれな。
近くにコンビニがあったので線香でもと思ったけど置いてはいない。
あったとしても猫に信仰心はないよなぁと考えてキャットフードを買った。
僕にできるのはここまで、野良か飼い猫か分からんけど飼い猫だったら飼い主も探すだろう。



車に乗って数百メートル走ったくらいで道路に猫が飛び出してきた。
だけど横断はできずに途中で引き返していく。
突っ込んでくるのが多い猫の中では珍しい。
そのまま突っ込んでこられたら轢いていた。
さっきと同じような真っ白な猫だった。
IMGP1172.jpg
















久し振りに写真を撮ろうと思った。
前回撮ったのは9月、カメラを4ヶ月も使ってなかった。
結構いいものなのにもったいない。

何を撮りたかったかというと犬。
IMGP1191.jpg















全く思ったように撮れていないけどこの表情である。
誰にも分からないだろうけど以前は見せなかった表情。


何も見えなくなって小さくなってしまった犬。
音と気配とニオイは感じるけど見えない。

なに?
どうしたの?
だれがいるの?

不安そうに全然違うとこを見つめる。

静かに近付くと暗やみでちょこんと座ってどうにかして感じようとしている。
その姿を撮りたかったけど失敗してもうヤケになり車のライトを当てた。
ボトックスをやってみた。
やっぱり手は止めて足だけにしようと思って準備してもらう。
ふと注射のマニュアルを見てみたら母指内転筋に打つというのがあった。
これくらいならどうかなと思ってお試しでやってみた。
たこ焼き買うくらいの気軽さでやってみたけどどうなることやら。
記録の為に写真に残しとく。


IMGP1200.jpg
仏の座と犬の陰嚢。
名前の差が激しすぎる。

あぜ道を見るとこんなこと思うのは春が近付いた証。

IMGP1185.jpg
30歳も過ぎてもうすぐ32歳になるのだけども、
22歳で学校出てまともに働いた期間はたったの4年半。
その後の紆余曲折があったけど・・・。
長く働いていた気がしたけれども社会経験が少ないなと改めて思った。
仕方ないとは言え、なんだかなーである。

同年代と比べる必要も無いけど比べてしまうね。
変わったのはおっさんになっていっているということ。
それくらいなのかもしれない。
己は砂上の楼閣なんて程遠い、土台が無い小屋なんだと思い知らされる。


自分がどうこうとか誰かがどうこうとかいうことじゃない。
復帰後のアルバムに入ってたんだよ。
僕の思うものとは違うけど多分そういうことなんだよね。
ありがとうは有難うである。
そして難有りでもある・・・。
うん、まとまらない。







残念ながら今回のボトックスは失敗の模様。
手は分からない。

しかし足はちょっといかんな。
太もものつっぱりが取れない。
量が足りなかったのかポイントを外したのかどっちだろう。
量は少なかったのね。
ポイント探しが足りない気もしたし機械のせいか今回は反応が悪かった。

追加はできるのかなぁ。
この足の違和感が嫌だ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。