Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
その人が狙っていると分かっていたけど、
なんとか逃れようとしてみたけれど、
ダメでした。







そう、NHKに加入しました。

何日も前から足跡を残していたおじちゃん。
時間の問題かなぁと思いながらなんとかやりきれないかと思っていたけどさ、
ついに家に帰った直後におじちゃんはやってきました。
居留守も考えたけど疲れるし、今の仕事が仕事だしね・・・。

おじちゃんと話をしながらあやうくBSにも加入させられそうになる。
そりゃ映るけどそれは勘弁と言って断った。
元々おじちゃんはデジタル放送の契約さえ取れたらいいのだから。

しかしこのNHKの受信料の徴収というのはものすごい商売だと思う。
勝手に電波出して受信できるものがあれば契約しないといけないなんて。
法律があるとは言え、国の押し売りみたいなもんだよね。
NHK職員の給料とか福利厚生は結構なもんだろうね。
子会社みたいなとこにNHKだけでなく総務省なんかからも下りて来てるんだろうな。




まぁそこはいい。


せっかくなのでおじちゃんを観察してみた。
とてもとてもひたすらに低姿勢で疲れた感じがすごい。
そういう演出をするマニュアルがあるんだろうれどさ、
どうしようもない哀愁がまとわりついているのね。

一軒一軒まわってチャイムを鳴らしてNHKですと言って居留守される。
出てこられても罵声や批判もあるだろう。
法律という武器と防具があってもきつい。
僕は営業やってたから分かるけど飛び込みはきついんだ。
精神的にやられてしまう。
企業相手にそうなんだから個人だともっとすごいだろう。
どんなに割り切っても僕にはできないな。
特に都市部ではさ。
僕にはとてもできない。


ふと村上春樹の1Q84を思い出した。
主人公の父親がNHKの集金を仕事にしててどうのこうのってあった。
とにかく辛いって感じだったなぁ。
ほぼ国家公務員と思われるけど集金の人って嘱託でNHK職員ではないのね。
ここはちょっとずるいと思う。


ま、とにかくおじさんの哀愁と擦り減った靴が印象的だった。








スポンサーサイト
車で川内を走っていると道の真ん中にカメがいました。
とても車の多い道なのでUターンしてせめて歩道にと思って戻っていたら
目の前ではねられました。
パーンと1m近く宙を舞うカメ。

遅かったと思って見てみたら生きてる。
不幸中の幸いでつぶされずにすんで助かったよう。
甲羅に傷があったけど生きてはいる。
さすが守りのカメ。
どこかで飼っているんだろうけど分からない。
だけどここに置いておくわけにもいかないし・・・。
迷ったけどとりあえず近所の池に放しました。

このカメは間違いなくミシシッピアカミミガメ。
外来種とは分かってた。
多分近所のどこかで飼われてるんだろうけどこうしかできなかった。
やっちゃいけないことと分かっていたけどやってしまった。
大きかったので10年以上は生きてるカメ。
ミンチになるよりはマシなこと。
飼い主を探す余裕が残念ながらなかった。
放すよりは殺した方がいいのだろうけどできない・・・。
こんなことしたらいかんと思ったけどこうしかできないもんだ。

これもカメの天命と勝手にこじつけてみた。
川内のガラッパは許してくれるだろうか。



鹿児島の県知事選はどうしようもない結果に終わった。
現職の知事が3期目に突入。
対抗する人が原発やめて10年で鹿児島の電気を自然エネルギーに変えると訴える。
あまりにも現実味が無さ過ぎてこんなんでは勝てる訳が無い。
なんというかもうダメダメな選挙だった。

そしてさらにダメなのは僕に投票案内が来なかったことだ。
多分2度引っ越しをしたので4月に住んでたとこに案内が行ったのだろう。
それとも僕は鹿児島県に認められていないのだろうか。
ま、どうせ投票に行っても白票を入れるつもりだった。
現職は悪い人じゃないけど自治省下り12年はねー。
悪くはないけど空気を変えて欲しいんだ。



仕事が遅いもんでほぼ休憩なしでやっても終わらない。
量は少ないはずだから段取りと要領が悪いんだろう。
言い訳もあるけども我ながら遅い。
これくらいはできないといけないと思っているから残業代は申請していない。
さすがに申し訳ないのね。
逆にもらうのが組織のためかもしれない。
生きていけるだけの金がもらえたらいい。
でも、家族ができたらそうなっていくのかなー。
もらえるもんはもらっとけってね。
気が付けば絵に描いたような公務員になってるのかねー。
さてさてどうなることやら。



タイミングの悪さというか若さでもない幼稚さ。
んーー、と思うことがあると考えてしまうね。
ま、馬鹿なんだろう自分は。
なかなか思っていた大人にはなれないもんだねー。


タイミングと言えばブラックビスケッツ。
懐かしいけど結構あの番組は好きだった。
しばらく見なかったビビアン・スーをたまに見ると思う。
うわぁ~ってさ。
ただただうわぁ~ってね。


好きな芸能人はと聞かれたらこれからビビアン・スーと答えよう。
ずっときれいでかわいいのはすごい。
もちろん性格は知らない。

こういう時点で己は馬鹿な部類の男だと分かる。


とりあえず助けたのか苦境に追いやったか分らないあのカメ。
竜宮城的なものがあるのならやっぱりアメリカだろうか。
そんなことばっかり考えてるともう寝る時間だ。



うん、やっぱり悪いことしたな・・・。






ふと思う。
なんでもいいけどまぁまぁの確立で好きなものは誰かからの影響なんだなと。


例えば歌。

スピッツは高校時代の同級生。

B'zは同じ部活の人。

槇原敬之は大学時代の友達。

ZARDは中学の友達。

親からの影響でカーペンターズやサイモン&ガーファンクル。


他にもあるけどこれはみんな共通のもんで何かの思い出がある訳なんだよね。
だいたいこのときの記憶は残っている。
そういうもんなんだろうね。
だからカウントダウンTVは終わらないんだろうなって思う。
週末のあの時間だと過去に戻ってしまうんだよ。
あの時はあんなことやこんなことがあったなーとね。
なかなかうまいやり方だね。




ま、なんか音楽を聴きたくなってツタヤに仕入れに行きました。
スピッツ、ミスチル、吉田拓郎、綾小路きみまろ・・・。

うん、きみまろは漫談だから違うかもしれないけどおもしろいよ。
是非これは聞いて欲しい。
あれから40年はダテじゃない。
ネタだから当然だけど練り込んであるのね。
こういう見方や考え方もあるかと勉強になるのです。
あと夫婦もそうだけど人間の行く末もね。


拓郎さんは新曲で帰ってきたんだなーと思って。
フォークの神様だからね。

スピッツも2月にアルバム出してたの知らなかった。
草野さん調子悪って聞いてたのでその前のなんだろうけどこれはうれしい。

んー、車で聴いてみよう。




「そんな身体になったら自分なら自殺する。死のうと思わなかったの?」
こんな質問をされたことがある。

「別に死のうとまでは思わない。頭はなんともないからね。
あと、死なないためにやった結果がこれだし。」
そう答えた。

ネガティブさでは一目置かれる僕だけど死にたいとは全く思わない。
嫌になることはあるけどそこまではいかない。
自ら望んで頭開いた訳だから言い訳できないよね。

そして何よりも病院で上には上がいると学んだから。

術後1ヶ月くらいにやっとこさ車椅子で動いていた頃。
80歳くらいのじいさんが戦争中の話をしていた。
その人は勤労動員で終戦前に広島で腕を切り落とさなければならないケガをした。
戦争末期の何もない時期に麻酔なしで右腕を切り落としたのだ。
消毒もできないその腕の付け根にはウジがわいていたらしい。
その人はそれが理由で自宅に変えることになり、
偶然にも原爆の1日前に広島から出たそうだ。
辛い目にあっても腕1本で命を拾ったのだ。
そんな人の前で身体は動かないながらにもちゃんとした設備で手術した僕が
泣き言言っても仕方ないと思ったのだ。

上には上がる。
シベリアに何年も抑留された訳でも戦地で戦った訳でもない。
そこそこ動けるし高次脳機能障害も無い。
何とかやっていけるだけ幸せなのかもしれない。
いや、そのはずだ。



「君はこうなってからどれだけの人が離れていったかい?」

そう言われたのは旭川の病院に行った一昨年のこと。
「・・・いえ、今のとこいないと思います。」
そう答えて医師と会話をしながら考えていた。
なんでこういう質問をしてきたんだろうかと。
障害が原因で僕から離れていった人はいないと思う。
単純に疎遠になった人は入れていない。

ま、それは簡単なことで地位と名誉と金。
僕にはこれが無いからである。
だから離れようにもそう思って寄ってくる人が元からいないのだから。

しかし脳疾患の多い人生後半戦の人たちは違うようである。
地位や名誉もそれなりの人からは去っていく人もいるはず。
なんか色々あったりするらしい。
それは障害や病気に限らずにどんな状況からでもあること。

医師は「そんな人とは付き合わなくていい」と言っていた。



面白いことにこういう状態になってからは出会う人が変わった。
話す相手も変わった。
同年代よりも年配の人と仲良くさせてもらうことも多い。
想像していた未来と違ったいまではあるけどさ、
それなりにこれなりに道はあるのである。

と、思ってみたりする。

















梅雨が明けるそだうだ。
子供の夏休みに合わせて梅雨は明ける。
夏が来たとことだ。

そう思っていたら夕方にひぐらしが鳴いていた。
ちょっと気の早いやつが出てきちゃったんだろう。
雨が終わっていきなりひぐらしにはちょっと驚いた。
一気に盆なのかって気分になってしまった。

歯の調子が悪いので歯医者に通っている。
たくさんあるけどどこに行っていいか分らない歯医者。
近所に何件もあるけどお客さんの多いとこに決めてみた。
治療と言うよりメンテナンスだからそこまでこだわらないけどちょっとはこだわる。
客が多いということは評判がいいと思ってみたい。

歯を磨かなくても虫歯にならない体質の僕。
永久歯になってから虫歯にはなったことがない。
だけど歯周病になりやすい。
20年前から歯よりも歯茎を磨けと言われている。
虫歯にならなくても土台がやられちゃうのだ。
基礎が無きゃいくらいい歯も意味が無いね。
それなりに気をつけているけど足りないらしい。
虫歯じゃないけどこれからは1年に1回ではなく半年に1回としよう。

さて、歯石を取ってもらっているときに思った。
やたらと胸が当たるんだけど・・・、と。
歯科衛生士さんのサービスなのか単純に作業上仕方ないのかなって。
もしかしてここの歯医者はこれで評判なのかなーっと。

とりあえずあと1回でクリーニングは終わる。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

太郎ちゃん

もくろみもはずれて

チャンスを棒にふって

気付いたら抜け殻の毎日




有名歌手の歌詞をそのまんま載っけるのもあれだけどまぁいい。
やっとの思いで宿に戻った僕は悩んでいた。

実はこのシーカヤックのオプションでナイトツアーを予約してたのだ。
だけど、疲れすぎてとても行ける状況じゃない。
誰かに代わりに行ってもらおうと思い宿にいた人に言ってみる。
なかなか見つからなくて声を掛けようと思わなかった人に言ってみたら
露骨に不信がられた。
なんだよその目は。
下心ないし、嫌だよ俺だってさ!

ま、それでも見つかったので代わりに行かせていいかとガイドに聞いてみたら
ダメとの返答。
無駄にシビアと言うか商売熱心というか。
確かにルールを崩すと良くないけれど融通利かしてもいいじゃないさ。

お金は払っているしもったいないので行くことにしました。
そんなに歩かないと聞いていたので乗り切れるかな。


で、まずは海岸へヤシガニ探し。
だけど探せども探せども見つからない。
いつもより気温が低かったのでヤシガニは営業してない模様。

はい次!
ということでオガサワラオオコウモリ探し。
これは案外簡単に見つかったけど暗くてよく見えない。
暗いし、黒いし、遠いし当然だね。

んっ、次!
光るキノコ。
この島にはグリーンぺぺという光るキノコがあるらしい。
しかしこれも時期が悪く見つからない。
まぁ仕方ないと思っていたら他のナイトツアーの団体さんと遭遇。
その人たちは入っちゃいけない場所に入ってた。
少なくなってきたグリーンぺぺを守るためにガイド同士で決めているとのこと。
それを破っているのでうちのガイドが怒って止めに行っていた。
生息地を荒らすとどうなるかは分かっているけど止まらないらしい。
せっかく来てくれた人に見せたい気持ちも分かるがそこまでして見たいもんではない。
ちなみにとても小さなキノコなので見応えはないと思う。
ま、これがこの島の行く末を暗示している。
屋久島のことがふと頭に浮かんだ。

ガイドがなんか悪いねと言ってかわりにオレンジぺぺを見せてあげると言われた。

IMGP0394.jpg















国立天文台の直径20メートルの電波望遠鏡だ。
オレンジ色にライトアップされている姿はでかいキノコ。
大きさが伝わらないのは僕の腕が悪いからなので許して欲しい。


でもって僕が1番印象深かったのは防空壕である。
激戦地硫黄島に近い小笠原は戦跡がたくさんある。
基本的にガイドなしでは行けない決まりになっている。
案内されたそこは広い元倉庫だった。
発破と手掘りで作られたその空間には圧倒された。
さらに夜だと怖さも加わる。
当時のノミなんかも置いてあったけどいくつかは持ち去られたらしい。
観光客が増えると悲しいことも起こる。

縁起が悪いから嫌がる人もいると思うけど感慨深い。
良く見ると島の岸壁には人間が作ったとしか思えない穴がたくさんある。
ちなみに戦闘で死んだ人はこの島にはいない。
ほとんど病死らしい。
それも兵士だけで一般人は島から出されていた。
だからそこまで気にすることはないはずだ。


そして、やっとのことで長い1日は終わった。

シーカヤックの疲労で起きたのは昼前だった。

身体は重いが宿にこもっていても仕方ない。
天気も薄曇りで気温も低い。
今日がシーカヤックでなくて良かった。

さてさてせっかく原付を借りているので島を一周しよう。
まず最初に小笠原海洋センターへ。
何が目当てかと言うとウミガメ。

IMGP0405.jpg















いい顔してる。


そしてちょっと珍しいアルビノのアオウミガメ。

IMGP0410.jpg
















美白である。




公共事業。
島を支えるある意味産業なのだろうが資材置き場やらなんやらがある。
雑な感じが島である。

そのまんま道を進みゴミの処理場や火葬場を見つけた。
ごみ処理の技術はすごいらしい。
火葬場は予想通り。
この島で死ねることは島民にとっては幸せなことらしい。
病気になると東京に移されるので骨になるまで小笠原には帰ってこれない。
医療設備が無いからどうにもならない。

畑でどんなものを作っているのか、田んぼはあるのか観察してみる。
土地も少ないので耕作地は少ない。
元田んぼはあっても今はもうないらしい。
買った方が安いし、水の少ない島で稲作は向かないからね。
どう考えても人口に対して耕作地が少なすぎる。
無理があるんだろうね。

海岸線から島の内側に入ると住宅地が造成されていた。
今ブームだからなのだろう。
しかしこの島で家を建てるのは大変である。
資材を運ぶだけで本土の2倍近く費用がかかるのだね。
本当に好きでなければここには住めない。

この島には純粋な島民は少ない。
多くが移住者だ。
海が好きだとか自然が好きだ云々の理由。
面白いことに純粋な島民は日本人の顔をしていない。
元々は、アメリカ、ハワイ、イギリス、ドイツ、ポルトガル、デンマーク、
フランス、南方系のポリネシアやハワイなど。
これらと日本の混血なのである。

だからこんなものがある。
IMGP0396.jpg















デザイン含めて日本らしくないね。
だけど神社もある。
混ざってるね。


色々考えながらゆっくり回ったけどすぐに一周してしまった。


時間がまだあったので土産物屋を見て回る。
これと言って何もないけれど心を奪われたものが1つ。
それがこれ。

IMGP1063.jpg






















何かと言うとシロナガスクジラのひげである。
ちょっと高かったけど買ってしまった。
もう手に入らないだろうし憧れの地球最大の生き物シロナガスクジラ。
これが1本のひげというのがすごい。
さすが30mあるだけのことはある。
今後手に入れようとしたらシーシェパードから焼き討ちにあいそうだし。
死体が陸に上がることも生息域を考えてもまずないだろうしね。

もう1つマッコウクジラの歯もあったけど高すぎて手が出なかった。
いつか買うのもいいかもしれない。


夜は知り合った若者と飲みに行った。
考えが若すぎてついていけない。
おじさんも考え方が古いのかなぁと思ってしまう。
ただ、うらやましいとは全く思わないのね。

しっかしこの島の接客はひどいもんである。
雑で愛想が無い。
BGMで沖縄の島唄が流れてるけどどうしたものか。
ま、求めてはいないけど来た人にはがっかりされるだろう。

そして食べ物がおいしくない。
島だから新鮮な海の幸と思ってはいけない。
普通に静岡直送の鮮魚と書いてある。
どんなに早くても2日かかるのにそりゃ美味しくないね。
島の魚もあるけど多くの島の漁師は漁に出ないで観光に船を出すのだ。
そして魚もあんまりおいしくない。
魚は南より北だね。


若干のカルチャーショックだったのはウミガメを食べること。
普通にウミガメ入荷しましたって張り紙がある。
煮込みと刺身がある。
煮込みはちょっと気が引ける見た目なので刺身を1切れもらって食べた。
味気ない鳥刺と言ったらいいだろうか。
まずくはないけどおいしいとも思えない。

ちゃんと制限があって決められた量しか取ってはいないとのこと。
これも文化ってやつだ。
カメは甲羅がナベになるって聞いたことがある。
リクガメはそうらしいがウミガメはどうなんだろ。
鴨ネギも真っ青の亀ナベだね。
食べてくださいって言っているようなものだもの。











小笠原最後の日に予定が無かったのでフェリーの出港までにできることをしよう。
と、思い立ち急遽ホエールウォッチングと南島に行くことを決めた。
ダメ元で観光案内所で聞いてみたら見つかった。
あんまり評判は良くないとのことだったけど宿のばあちゃんは大丈夫と言う。
純粋な小笠原っ子のようだ。
クジラを見たいのと小笠原に来たなら南島に行かないといかんという人も多かった。
だからせっかくなのでということだ。

港で待っているとピンクの船がやってきた。
IMGP0806.jpg















こんな感じの船に乗ってまずはクジラ。

フェリーからも見えるくらいたくさんいるのはザトウクジラ。
ヒゲクジラですね。
クジラと言えば給食の竜田揚げですね。
懐かしいな・・・。

さて、簡単に見れるけど写真を撮るのは難しい。
最初は写真ばかり撮っていたけど諦めた。
写真はプロに任せてちゃんと目で見ようとね。

でも撮ったのはこんな感じ
IMGP0678 - コピー















ザッパーンしてるね。




船に近寄ってきたやつ。

IMGP0700.jpg


IMGP0702.jpg


IMGP0704.jpg

IMGP0706.jpg

IMGP0708.jpg
















ザッパーンから間近でチャプンまで見られて満足。


そしてこのまま南島へと向かう。
南島は入島制限のかかっている島でとてもきれいなとこ。

どれくらいかって言うとこれくらい。

IMGP0786.jpg


IMGP0782.jpg
















紅の豚のポルコの隠れ家みたいだね。
空賊連合の見ていた景色ってこんな感じかなと思ってみる。

こんなカタツムリの半化石もあったりする。
IMGP0798.jpg
















色もきれいでかわいらしい。
あまりにも無造作にたくさん転がってる。
簡単にポケットに入れて持って帰られそうなのでこれだけはやめて欲しいね。
こんな感じかぁと思いながら港に帰ることになった。





フェリー出港前。
同じ宿に泊まった仲間ですね。
千鳥という宿なのでCで。
IMGP0807.jpg




















フェリー出港の見送り。

IMGP0825.jpg


















これは普通の出港だけどここからがすごい。

IMGP0833.jpg
















船が並走。
さりげなく後ろで放水してる。



IMGP0849.jpg


















かなり長い距離の見送り。


そして最後は・・・。

IMGP0866.jpg

















海にダイブ。




そして漂流。
あ、ちょっと飛んでるけどいいか。

IMGP0859.jpg

















そして行きと同じ長い船旅。
場所も移動しやすいとこにしてもらった。
そしてほぼ寝続けて東京に着く。

東京でどこか行こうかと思っていたけどそんな気も起きない。
疲れたので最終の飛行機で帰ることにした。




小笠原の観光客の多さに対応しきれていない地元。
壊れていかなければいいけど難しそうだな。
そう思れて仕方ない状況。
一時のブームではあると思うけど頑張って欲しいとこである。
そうしないとえらいことになるからね。

もう行くことはないだろうけど行けて良かった。


半年かかった旅日記もこれで終わり。




鏡を見たらオッサンがいる。


寝ぐせでペタンコボッサボサの髪。

2日間剃っていない髭。

汗と脂でベッタベタの肌。

なんかあれだねぇ、老けてるねぇ。

なんとか2浪3留の大学院生くらいならいけるかと思っていたけど、

やっぱり素顔はオッサンだわ。


不思議なもんでちゃんとした格好したら案外それなりになる。
でも結局はこれが本当の姿かぁ。

ま、分かっちゃいるけどこれが現実。
そして老けてからの人生が長いのも事実。
若い時なんて一時なのねー。

あの頃に戻りたいとかなんとか現状維持ってのもできない。
SK-Ⅱ的な物も効かないし使うつもりもない。
それも分かってきた。


ま、年相応にやっていくしかないのね。
そう思いながら顔を洗う日曜日の昼。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。