Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
叩けばホコリくらい出るのは分かるけどヘドロがぼたぼた落ちている。
どこまで信じていいか分からないけれど絵に書いたような御仁のようです。
小林さんが結婚すると聞いたとき「志村、うしろ!!」思ってた人は多いはず。
矢田さんだってそうじゃない。
矢田さんの旦那は女関係でダメになるの遥か上を行くことしたしね。

こんなのはどうでしょう、アルコール依存症にするってのは。
これは病気なの、人間が悪いんじゃない酒が悪いと。
そして専門病院に半年くらい入院して1年後に復帰と。
出てくるときには病院の庭で見つけたルビーの原石を指輪にして
愛のしるしとして奥様にプレゼント。
必死の闘病生活からの復活に奥様大喜び、ファンも大喜びとね。

若気の至りとは便利な言葉。






皇族に向かっての暴言。
ハマグリさんはこんなにもバカなのか。
思っていても口に出すべきことじゃないだろうに。
小学校低学年で教えられることだよ。

愛人を掃除のおばちゃんとか言ってたな。
ハマグリさん、国家公安委員長だったのよね。
ハニートラップかかりまくりだったんだろうな。
公安のトップだったのに。


そんなに強くない相手なのにオウンゴールばかり。
ボールを持ったら自軍のゴールへ猛ダッシュ&シュート。







何が言いたいのかって?
モテるエビとハマグリがうらやましいのさ。
スポンサーサイト
メッセンジャーの黒田がテレビ復帰とのこと。
関西ローカルには必要な芸人さんです。
帰ってきてよかった。


この人も酒でえらい目にあった。
酒癖も悪さは有名な話。
運悪くぼったくりバーに引っかかっての事件。
批判もあったが同情も多かった。
エビさんとは対極。
しかし吉本の謹慎は長かった。



鹿児島だから見る機会はほとんどないけど頑張ってほしい。
アンパンマンの顔は焼け上がった時は後頭部が平べったい。
でも「新しい顔よー!!」って時にはまん丸になっている。
なぜ?



正面と後頭部を焼いてつなげているのだろうか。
オーブンから出た瞬間から発酵が始まってまん丸になっているのだろうか。
焼きあがってからあんこを入れて丸みをつけているのだろうか。


明らかにおかしい。
オーブンへの出し入れを見せなければ気にもしないけどバッチリ見せてるし。
僕の見落としている何かがあるのだろうか。
気になって仕方ない。
同時期に入院してリハビリしてたおっちゃんが首を吊ったそうな。


50代前半、脳梗塞で半身麻痺。
僕よりちょっとひどい感じだった。
夫婦仲は悪かったのか、もう終わっていたのだろうか。
1番大変な時に奥さんは来てくれなかった。
他にも大きな病気を持っていたとか。


退院して1年ちょっとか。
何を思っていたんだろう。


近所に保育園の元園長先生が住んでいる。
僕が保育園の頃だから25年くらい前の話だ。
今でもたまに会うとなにかといろいろもらってしまう。
先日は大きな椅子を持って行けと言われたけど丁寧に断った。
さて、この園長先生に会うと思いだす歌がある。


ブタが道を行くよ~(ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ)
向こうからクルマが来るよ~(ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ)
ブタは死ぬのがイヤだからクルマをよけて行くよ~(ぶんちゃっちゃ ぶんちゃっちゃ)
※いろんな歌詞があるけどこの後ブタに向かって船やら飛行機やらやってくる
こんなの



当時保育園児ながらになんて歌だと思っていたのです。
いいかげんな歌だなと思ってた。
僕はこの歌を園長先生が作った歌だとずっと思ってた。
こんな歌絶対よそじゃやってないだろうとね。
さっきまでそう思い込んでた。

ふとヤフーで検索してみると出てきたので有名な歌だったんだと知った。
保育園や幼稚園で歌われてるのね。
園長先生変に疑ってごめんなさい。





ただ知らないだけってのもあったけど運動会の時に流れる曲。
ピンクレディーのサウスポーは運動会用に作った曲だと当時思ってた。
競うというか戦うという曲のイメージが運動会にぴったりだなとね。
小学生ながらに思っていたのですよ。
それがアイドルの歌だと知ったときはちょっと悲しかった。
近頃の運動会はモーニング娘の曲が流れてる。
もうAKB48になっているのかもしれない。
時代は変わっていくようだ。


いつもと違うとこで髪を切ったら美容師がむっちゃ雑。
結果何とも言えない仕上がり。
ノーマル時のクラウザーさんみたい。
うわぁ~、と思いながらも何日かすると慣れるだろうと我慢してた。



でも無理だった。
鏡で自分を見るとイライラする。
あ~無駄金払っちゃったなと悔みながら別の店に行ってやり直し。
生まれて初めて短期間に2回髪を切った。



まぁ、自分でも分かってるんです。
大して変わらないし見る人もいないとね。
でも今回だけは許せなかった。



昨年亡くなった同級生の家に友達と行った。
近所に住んでるんだから線香くらいあげさせてもらおうという訳だ。


仏壇の前で手を合わせた後、両親と色々話していたら四国に行ったという。
龍馬ブームとかじゃない、やっぱりお遍路だ。
今年の夏に自動車で一周したとのこと。
今度は歩いて本格的に挑戦するそうだ。
1200キロ以上歩かなくちゃいけない。
母親曰く「私たちにできるのはこれくらいしかない」とのこと。
やっぱりそういう方向に向かってしまうのだろうか。
1年くらいじゃまだ信じられないという心境らしい。
遺骨もまだ納骨していなかった。


話していると前途洋々な彼よりも僕が死んだほうがいいんじゃなかっただろうか。
そんな風に思えてならなかった。
そんなこと言ってもどうにもならない。
分かっちゃいるけど実際にはそうだろうに。


高校の同学年の人数は約250人。
僕の知る限りそのうち2人が死んだ。
2人とも健康そのものだったんだけどな。
絶対の数字じゃないけれど250通りの人生があったら2人は死んでしまうのか。
この時点で125分の1の確率だ。
まだ30歳にもなっていないのにね。
こう考えると長生きするのは思っているより簡単じゃない。
まずはこれを見てから
































だるま屋ウィリー事件。
はい、水曜どうでしょうの名場面ですね。
車やバイクに乗る人ならこれがどれだけ危険か分かるはず。


カブに乗っていたから何回か経験したことあります。
さすがにウィリーまではしないけどさ。
交差点で焦ってふかしたままニュートラルからローにしてしまうのさ。
出前の岡持を持つためにクラッチを排除した悪い結果なのか。
いや、ただの運転ミスかな。


だけどね分かっているから余計に面白い。
ブームから1年程遅れて村上春樹さんの1Q84に手を出してみたのです。
久しぶりにちゃんとした本を読むので入り込むまでちょっと時間がかかった。
とりあえず1冊読んでこれはこれはなかなか。
結構なブームになったのも納得の内容。
というのが前提のお話。




ローソンに行ったらKAGEROUなる本が並んでた。
水嶋さんのあれですね。
世間では出来レースとの呼び声高いポプラ小説大賞です。
パラリとめくってみようとしたらカバーがブロックして「見たいなら買えよ」とアピール。
う~ん、ちょっと買うのには勇気がいるなぁと当然手は出ない。
本の評判も良くないようでというか悪いんでね。
この人は成功してるのに失敗してるんだよね。
もったいないなぁ。
結局のところ内容が良ければゴーストライター説が浮上。
内容が悪ければボロクソに言われてしまうのよね。
内容は読んでいないから分からない。
でも本を買ってみたいとも思わない。

1Q84でも17歳の美少女を汚い方法で文壇にデビューさせるという話があった。
現実では美少年(美男子か)が衝撃の作家デビューとおんなじ展開。
裏で何したんだとどうしても疑ってしまう。
今の装備で充分なのにさらに文才まであったら早死にするしかないよ。
してくれないとあんまりだよと言いたくなる。
まぁ、それはただのヒガミ・ネタミ・ソネミってもんだ。

ここまで書いてあれだけど僕は水嶋さんなんてどうでもいいんですよ。
問題はポプラ社。
小さい頃は本当にお世話になった出版社。
仮に良い作品であったとしてもこの方法はいかがなものか。
企業が金を儲けることは全く悪くないが方法があからさま。
見え見えの下心。
図書館にはポプラ社から出版された本がたくさんある。
子供がよく見る本なんだからさ。







東京都の改正青少年健全育成条例ってのは不思議な感じがする。
ま、倫理的におかしなエロ本なんていくらでもある。
小説だってDVDだってさ。
うわぁ、と思うものも数多い。
でもなんで一部なのだろうか。

太陽の季節もなかなかのもんだと思う。
というかひどい。
石原さんと並べたくはないけど1Q84もなかなかだ。
ゲイ・レズ・売春まがいの行為、不倫、子供へのレイプ等。
文章しかないから描写も生々しい。
同じようなものが文学というものになったら許されるのだろうか。
村上春樹さんはすごい作家だと思う。
日本を代表する作家でいつの日かノーベル賞をって話もよく出る。
ということはさ、あの性描写はOKということなんだよね。
10歳の女の子への性的虐待という表現を認めてるんだよ。
おかしくないかい?
それとも僕がおかしいのですか?



ま、結論は1Q84面白いねってことです。
ついにと言うべきか、やっぱりと言うべきなのか。
鳥インフルエンザが鶴から出た。
我が家から2kmほど離れた場所にある鶴の越冬地。
家の前の田んぼにも鶴はいる。

富山・鳥取・島根と順に南下してるから予想はしてた。
だって鶴以外にも渡り鳥いっぱいいるしね。
これからは鳩やらすずめなんかにも気をつけなくちゃいけない。


ここ出水は畜産が盛んな土地。
特に養鶏は全国クラスの産地である。
ここで殺処分なんかになったらえらいことだ。
養鶏業者は防疫に普段からとても気を使っている。
そこでなんとか防いで欲しいが相手は野鳥。
自由に移動してどこにでも行ける。
無差別に攻撃されるのだからね。
完全に防ぐのは難しい。
特に古い設備の鶏舎は鳥が簡単に出入りできてしまうから。

友人に養鶏をやっている人がおり養鶏業界のことが気になる。
養鶏(マルイグループ)がダメになると出水はどえらいことになる。
去年はNEC・パイオニアショックで溢れる失業者。
今年は口蹄疫、さらに鳥インフルエンザ。
もう阿久根のことを笑って見ていられない。

やっと落ち着いた口蹄疫。
牛の値段も発生前の水準に戻っている。
だけど韓国では口蹄疫が拡大中で歯止めがかかっていない状況。
東京なんかよりよっぽど近い韓国。
空港・港の防疫をちゃんとやってください。
畜産関係の人は韓国に行かない、接触もしないでください。
韓国から来る人もそういうとこには行かないでください(動物のいる観光地含む)。
差別でもなんでもなくこれくらいしないと防げません。


どうにかして欲しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。