Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
自転車に乗れるようになりました。
思っていたよりバランス感覚はちゃんとしていたみたい。
自転車に乗るなんてもっと先だと思ってたのでこれは嬉しかった。

ついでにバイクと自動車にも乗れた。
もちろん危なすぎるので公道ではなく自宅敷地内でね。
前から自動車はできると思ってたけどバイクは嬉しい。

おまけで犬の散歩もできた。
何よりもこれが1番難しかったね。
気遣いなしで引っ張られるのは結構きつい。
そう、しつけが足りないのです。
スポンサーサイト
前々からの疑問。


ピッチャー陣とかバッター陣って変じゃない?


なぜ打撃陣、投手陣と言わない。
やっぱりあれか、長嶋効果か?
自分に足りないものは何かと問われたらこう答える。

「気合、根性、努力。そして、向上心」だと。

この状態になってリハビリしてて痛感。
情けないけどこれが現状なんだなぁ。
どれか1つでもあったら全てカバーできそうだとか言わない方向で。
手術から三ヶ月が経過。
足は徐々に良くなってきている。
歩く際のひざの曲げもスムースにいくことも増えてきた。
ただ寝起きの歩行はかなりふらつくし、走ろうとすると二歩目でつまづいてしまう。

手はあまり進展しておらず指の分離ができないままだ。
分離はできなくてもいいから親指の動きを増やせたら多少はフォローできるのにそれも進展無し。
何よりも肩から腕が痛んで何もできない。
一部の筋肉が動きについてこれずに伸びないし縮まない。
結果、腕を動かすとかなりの痛みが走る。
リハビリの先生もお手上げ状態だ。

残念だけどそろそろ本気で利き手交換を考えなければならない。
仮に右手が使えるようになっても力がほとんど入らない。
握力が全然戻らないし、戻っても少しだけだろう。


自分自身も健康な状態になって元に戻ってると錯覚してしまうこともあるけれどまだ何もできない。
なかなか難しい。
春の陽気が戻り、近所の川沿いを散歩してたら風に舞うビニール袋があった。
そのよくある光景を眺めてたらなんかおかしい。
ビニール袋がどんどん上昇していくのだ。
10メートルや20メートルどころじゃない。
100メートルなんか通り越し200メートル、それ以上かもしれない。
落ちる気配なんか全くなく上昇し続けるビニール袋。
強い風なんて吹いていない穏やかな天気。
突風も吹いてない。
もしかしてビニール袋の中の空気が暖められて気球のようになったのかなぁ、なんて考えてみたりしてるうちにビニール袋は上空の風に流されてどこかへ消えていった。


たいしたことないけど不思議な光景。
もしかしたら世間ではよくあることなんだろか?
この一ヶ月は驚くほど短かった。
二月が短いってのを考慮しても短い。


同じようなことの繰り返し生活だからなんだろうけどね。
これは人生の終盤なのかって思うくらい。
ま、そんな毎日が過ぎていく。
長期のリハビリはできなくなりましたとリハビリ室の前にある貼紙。
実際問題として長期のリハビリは難しい。
病院が受け入れる認められている期間ってのは六ヶ月までだそうな。
ということはもう僕には三ヶ月も残ってない。
焦りが出てきた今日この頃。

でもさ、六ヶ月以内で回復したらいいけどそうならない場合もたくさんあると思う。
医療費削減のため仕方のないことと言われても納得できない。
しかし、お国が決めたことなのよね。

リハビリを経験したら分かるだろうからさ、
厚労省の課長以上は脳梗塞になったらいいと思う。
そして運動障害、言語障害、記憶障害になったら制度変わるんじゃないかなぁ。
人間には何か一つはトリエってものがあるらしい。

いい歳してこんなこと言うのもあれだけど、それが何かわからない。

何なのか教えてください。

もう、降参です。
夜明け前に目が覚めた。
廊下にある非常口の緑色の光が薄暗い部屋の入口から見える。
目覚めてしばらく自分がどこにいるのか分からない。
テレビ、ベット、カーテンを眺め、そうだここは鹿児島の病院だと認識する。
やけに気分がいい。
でも何故か部屋の中が赤い、一面が赤の世界だ。


・・・そうだ、夢を見たんだ。
ベットで寝ようとして布団に潜り込んでたら首を刺されるような痛みがした。
それと同時に視界が真っ赤になっていく。
まずいと思いナースコールをしようとしたら体が動かない。
手を伸ばせば助けを呼べるのに呼べないし、声も出ない。
どうしようと思っているうちに意識が遠くなってこれで終わりかと諦めたんだ。

あぁ、だから赤い世界だったのかとちょっと納得。
夜中だったら病院にいても手遅れだなぁなんて思ってみる。
そういえば体が動かないときに枕元にあるナースコールを押そうとしたらベットから落としたなぁ。
個室でこんなことになったら大変だ。
もうお手上げ。
こんなんで死ぬ人はどれくらいいるのかなぁ、なんて考えてみる。


ま、いいや。
そこそこの数いるんじゃないかくらいでいい。
まだ朝も早いし寝直そう。
二度寝だ。
朝日新聞を購読しているなら3月24日の「ののちゃん」を見てもらいたい。

四コマ漫画でこんなこと考えつくのが本当にすごい。

この新聞自体は好きじゃないけど四コマは別。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。