FC2ブログ

Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
小さな頃ばあちゃんっ子だった。
正確に言うとひいばあちゃんっ子。
年の差80歳は当然と言えば当然か。

なので小さい頃はそのひいばあちゃんの影響で鹿児島弁もすごかったらしい。
今では使わなくなったような古い言葉も喋っていて年寄りと普通に会話できてたそうな。
今じゃほとんど覚えていないけどね。


とても印象に残っていることがある。
山の上に立っている鉄塔。
それが何かと尋ねたら大人になったら行ってみろと言われた。
電波塔とはその頃知る訳も無い。
大人になったら行こう、それは何なのか見てこようと思っていた訳だ。
それだけの話なんだけどね。


さてさて、大人になったから山に行けるようになった。
本当なら自分の足で登ることなんだろうけど自動車とか使ってしまいますけど。

そこがさ、とてもいい場所なんだ。
標高1067mの山頂からは下界が見渡せる。
鉄塔の近くの展望スポット、街灯なんかある訳ない暗闇の世界。
下界もきれいだけどそれ以上に星がきれい。
ずっと眺めていたいのだけど肌寒さと暗闇の恐怖であんまり長いこといられないのだけど。
それでも何度も行ってしまう。

しばらくがけ崩れで通行止めになっていたけどそろそろ行けないかな。
エンジンブレーキ全開で山を下ろう。

スポンサーサイト
わいはそいをけ死んかぎいやとっとや。
やっとらんやろ、やっとらんとにそげんこというとや。
わっかうな!
やって決めたこたやらないかんとやろが、何を考えとっとよ?
やっでわいはやっせんとよ。



意味分かる人がいたら納得の内容。
こんなことやっていたら打ったくられる訳ですよ。
参考までに「やっせん」とは役立たずという意味でこれを言われると僕は確実に落ち込みます。










長渕剛の歌に「気張いやんせ」という歌がるのは知っていた。
今日初めて聴いて冒頭のあの言葉を誰かに言われたような気がしたというお話。
こんな歌

 どげんしてん やらんと いかん事がよ
 俺にも お前にも ひとつくらいある
 やっせんぼ やっとんからん よかぶいころの
 あげんな 汚っさね 真似やできん

 前つんのめりで 生きて 行こや
 誰が悪いち 言うもんか
 気張れ 気張れ 気張いやんせ
 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ   

 泣こごんなった時や 俺家来んか
 馬鹿された時や お前も向こて行こや
 俺たちゃ どげんしてん 汚れ者
 じゃっけど 譲れんもんが あろ

 前つんのめりで 生きて 行こや
 誰が悪いち 言うもんか
 気張れ 気張れ 気張いやんせ
 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ

 生好かん 奴なら 打ったくればよか
 負けたら 頭を 下ぐればよか
 寂しなったら 唄いやんせ
 俺にも お前にも 理由がある

 前つんのめりで 生きて 行こや
 誰が悪いち 言うもんか
 気張れ 気張れ 気張いやんせ
 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ   

 気張れ 気張れ 気張いやんせ
 一度どまけ死ん限い 気張いやんせ

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。