Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
高校出て誰よりも先に1人暮らしを始めて

吉祥寺徒歩5分の1ルームに君は住んでいたね

初めて行った女の子の家は君の家で

バニラの香りのするお香を君は焚いていたね


ということで吉祥寺に行って来ました。
待ち合わせの駅で似合わないベビーカーを押して登場する父と子。
ベイビーに初対面するが人見知りで相手にされずちょっと切ない。
5歳以下の子供には好かれるんだけどなぁ・・・。
無視されながら向かった先はシルバニアファミリーのレストラン。
子供がいなかったら警察に通報されるんじゃないかと思ってしまうくらい場違い。
ご飯を食べたら徐々に心開いていくベイビーにちょっと安心。
お冷の氷だけ取って食べる姿が父親と同じでこれは親子なんだと納得してしまう。
氷好きってこんなものまで遺伝しなくてもいいのにさ。

その後は井の頭公園をぶらぶら。
なかなか良いところでこの街が日本でも有数の住みたい街というのも納得。
でもなんだかんだで東京。
人は多い。

父親の言った子供は「理不尽な生き物」ってのが強く印象に残ったそんな休日。


スポンサーサイト
20080603130859
三十代後半くらいの人しか分からないかもしれないけれどあの人ですよね。
ホームセンターにあるただの台車の商品名だけどこれは大丈夫なのだろうか?
名前もそうだけどサイズもそれっぽいしさ。
分かる人少ないだろな。
ホームセンターでそんなこと考える自分に死刑!!
ここ1ヶ月ちょっとの間にどれだけ中野サンプラザを見ただろう。
サンプラザ中野との違いが分かって、サンプラザ中野くんが頭から離れない。
あそこはホテルであって結婚式場であってコンサートホールということも知った。
週に3回は行ってました。


人間は短期間で変わるということを改めて感じた。
マイナスの意味の変わるということなんだけどね。


叔父が心不全で入院して心臓に血栓ができてそれが脳につまってしまった。
小脳を全摘出してあとついでに軽い脳梗塞も起こしていたらしい。
めまぐるしく変わる病状に家族、親戚は振り回され一喜一憂。
少なくとも3回は死んでた。
何度ICUに入ったか分からないってくらい。
死ぬかもしれないと思ったし、仮に葬儀になったら自分が手配することになったと思う。
実際に喪服も買った。

東京に出てきて叔父の家の近所に住むことになって近いうちに会おうと話していた。
なかなか時間が合わなくて1ヶ月程間延びしてて、そろそろ連絡くるかなと思ったら
入院したから見て来いという連絡が来てしまいそれからこの流れ。


最近は落ち着いてきたのだけど会うことが少し辛い。
理由は完全に障害が残っているから。
体の麻痺なんかはないけど記憶というか意識というかそっちのほう。
頭の回路の調子が悪いとまったく話がかみ合わない。
記憶の中で生きているのかなんなのか。
人の識別はできるし、少し難しい話もできる。
でも突然違う世界に行ってしまう。
ちなみに先週末は僕と弟たちで船でどこかに旅に出ることになっていたみたい。


ついこの間まで外資の保険会社でバリバリ働いてたのにこうなるのか。
まだまだこれからの子供が2人、奥さんもいるのに。
脳のことだからどうなるか分からないけどさ、いろいろ考えてしまう。


竜次君も他人事とは思えないでしょ?と叔母に言われた。
向こうは軽い気持ちで僕にそう言っているのだろう。
僕もそこまで深く考えない。
考えないようにしてるんだけどさすがにね、怖くなって色々調べてみた。
調べたら余計に分からなくなる。
ただ、あれくらいじゃすまないことは確実ということ。
可能性にかけてみるべきかどうすべきか。
クリアしたい問題があるのだけれどどうしてそれはなかなかに難しい。
小雨降る中の引越しも終わり部屋の中にはちょっとした荷物以外何もない。
カーテンも何もないガランとした部屋の向こうに見えるマンションと線路。
明日でこの部屋の契約も終わり出て行かなくてはならない。
荷物がないのでどっかのホテルにでも行こうと思ってもみたがここでもう1晩過ごそうと決めた。

近所のコンビニで弁当を買って食べたらもうすることがない。
取り付けの蛍光灯だったので部屋には電気もつかない。
外は暗く雨が降っている。
風呂に入って寝よう。

部屋には明かりも無く、カーテンも無い。
思った以上に寒かった。
仕方に無いので寝場所は台所にした。
ここなら明かりも付くし、空間が狭いので多少は暖かい。
寝袋とマットを用意してそのまま眠りについた。
思った以上に寒く、床が固く体も痛い。




3月下旬の明け方は寒かった。
夜中に何度も目が覚めて全然眠れていない。
でもそろそろ起きないとな、しかし寒い。


寒いから火を付けよう。
そう思うことは別に不思議なことじゃない。
台所に寝ていたから上にガスコンロがある、少しは暖まるだろう。
暗い台所のガスコンロに火を付けて僕はまた寝袋に包まった。
しばらくしてなんか変な感じがする。
「バチン!!」という音がしたのだ。
寒くてよく分からない。
少ししてから部屋の明るさが不自然だと思う。
ガスコンロにしては明るすぎる、何でだ?
と思って起きてみたらガスコンロの上でドライヤーが燃えていた。

激しく燃え上がるドライヤーとモクモクと上がる黒い煙。
台所は完全に煙の中だった。
立ち上がり明かりを付けようとしても付かない。
コンセントにドライヤーのコードが突っ込んであるから燃えてブレーカーが落ちたんだ。
なるほどねぇ、と感心したけどそんなことしてられない。
コンロの上で燃えているドライヤーをシンクに入れ水をかける。
ブレーカーを戻し換気扇を回す。そしてドアを開けて換気。
黒い煙が一気に外に流れていく。


どうしてこんなことになったのか考えてみる。
なんでコンロでドライヤーが燃えているんだ?

思い出した。
いつもだったら洗面台で使うドライヤーだけど洗面台片付けたからコンロの下にある
コンセントを使ったんだ。
終わってコンロなんて使わないからコンロの上にドライヤー置いてた。
それをそのままにして寝た。
そして寒くてコンロに火を付けてドライヤーを燃やしてしまったんだ。





アホなことしたなぁ。
もうちょっとで煙に巻かれてた。
火事ってこういうことかと考えさせられる。
寒かったら暖めようとする心理は理解できるけどこうなるのか。
よく寒いから家の中で焚き火をして火事になるというニュースがあるけどこういうことか。
何でやるんだと思ってたけど理解できた。


ということがありました。
その後必死で証拠隠滅作業。
数時間後には引渡ししなければいけないのでスス、コンロの焦げ付いたプラスチックなんかを取る。
換気したけど焦げ臭い臭いは取れない。
ドキドキで引渡しして何事も無く部屋を後にしました。
1週間ほど寝るところが無かった。
部屋が無くどっかで適当に過ごすつもりで荷物を抱えて移動する。
・・・、ホームレス。
仕事があるのに家が無いホームレス。
ホームレスサラリーマンっていうやつです。

友達のとこに転がり込むつもりだったけどあんまりいすぎると迷惑だからホテルに行こう。
この流れは自然、ごく自然。
ビジネスホテルに行くつもりだったけど結構お金かかる。
会社に申請したらいいんだけど親戚のとこ行けとか平気で言うから絶対いや。
無駄な反抗。言ったらもらえるのに。


そうだ、安宿だ。
ちょっと興味のある場所があった。
日本の中にあって日本でない街。
平均寿命が日本で一番短い街。
夜の一人歩きが危険な街。
そう、西成。

日雇い労働者なんかが使う宿があるのだ。
最近、若い人が利用していると聞いていた。
バックパッカーなんかが行動の拠点にしているらしい。
まともに行ったことなかったからこれも経験だ。
そんな気持ちで予約する。

一泊なんと2,300円。
どうこの値段?すごくない?
大阪市内のビジネスホテルの3分の1だよ。

とりあえず感想。
・簡易ベッドとテレビしか無いけどちゃんと個室だ。
・風呂は大浴場
・トイレは共同
・エアコンも使える
・日本人があまりいない。
 髪・肌の色の違う人ばかり、完全に貧乏旅行してる外国人
・共同でパソコンも使える
・ほぼ満室

寝るだけなら十分。
変なプライドとか無いから問題ないです。
できるなら使わないほうがいいけど。

小腹が空いて入った近所のうどん屋。
出されたお冷がワンカップ大関の空き瓶だった。
確かにね、飲めたらいいもんね。
立派なコップだよね、そうだよね。

そんなこと思いながら演歌を聴きながらうどんをすする。
別に悪くない。
こんなのもありかな。
無駄な文章なので時間に余裕があればって程度で・・・。


















最近嫌いな言葉、それはエコ。
聞いただけで虫唾が走ると言うと大げさだろうか。
でも、実際にハァ??と思ってしまう。
何が?何を言ってるの?



別に悪いことだとは思っていない。
その気持ちはいいと思うさ、何もしないよりも多少の意識があったほうがいい。
でも明らかに流行りものみたいになっているでしょ。
急にエコ・エコ言い出してさ。
何を今更。



特に企業の広告宣伝のために使用しているのはどうなのかな。
あれでこの企業はいい企業だと思う人が多いのはさみしいね。

大量の商品を扱い販売している会社が木を植えています。

石油を販売している会社がCO2削減のために木を植えています。

自動車を販売している会社が環境啓蒙活動をしています。

不思議だねぇ。
これをなんとも思わずあの会社はいいと思う。
そう思ってしまう人が多い、子供なんてもろに洗脳されるさ。
事業活動止めたらどうでしょう?
できないよね。


ということ言っても仕方がない。
矛盾してるのだから。
便利さを知ってしまったから止めることなんてできない。
強制的にするしか方法は無いさ。
だって人間だもの。


環境配慮型のものを使えばいいんじゃないかって。
そうだね、その製造過程はどうなっているか考えてみようね。
みんなの嫌いなCO2、それ以上のものを出してそうだけど。
実際の過程は知らないけど最新の家電なんか希少金属使ったりしているよね。
それの原点から工場に入るまでになにがあるのだろうか。
さてさて。

意識することは大切。
だけど実際には無理でしょう。
蛇口からお湯が出てこなくなったらどうする?
コンビニが深夜営業してなかったらどうする?
自動販売機がなくなったらどうする?
工場が稼動しなくなったらどうする?
真夏にエアコンが使えなかったらどうする?
海外に旅行にいけなくなったらどうする?


仕方ないさ、諦めようとは言わない。
でもどうにもならないさ。
気候が変わってもどうもならないさ。
人口が半分になっても変わらないさ。
中国が環境のために経済活動自粛しますと言いますか。
白熊が絶滅して何か変わりますか?
日本が亜熱帯気候になったら何か変わりますか?
変わりません。


だって、人間だもの。














地球が泣いているってさ。




泣いてる訳無いじゃない。
こんなの地球にとってはなーんもたいしたこと無い。
氷河期の方が大変じゃない、誕生時の高温の世界の方が大変じゃない?




安心してください。
人間はいずれ減少します。
戦争、飢餓、伝染病・・・。
増加したら減少するのは自然の摂理。
異常繁殖したら自分を苦しめるのだから減らすさ。
それは自然の摂理。



かけがえの無い命を大切にしようと思わないかって?

思わない。


中国の地震でで死んだ人がいます。
ミャンマーのサイクロン被害者。
インド洋大津波。
アフリカの飢餓。
戦争での死者。


なーんとも思っていないじゃない。
その人の為に、そのかけがえの無い命のために何かした人いますか?


あくまで身近なとこだけさ。
友達が家族がみたいにね。
みんなマザーテレサですか?聖人ですか?
違うよね。



このまま続けていい。
続けていくさ。
人間が滅びたら地球が滅びるわけじゃない。
もしかしてみんなそう思っているのかな。
んなこたぁ無いよ。
それでも地球は回っているさ。
人間がどんなに環境を破壊しても、放射能撒き散らしても。
そして回復するさ、途方も無い時間をかけて。
仮に1億年かかったとしても地球にはなーんの問題もないと思うよ。
人間の視点での話さ。
自分のものだと勘違いしてるだけ。

地球さんから見たらあれだよ。
人間なんてそこらへんの微生物となーんも変わらないさ。
横並びだよ、違うかな?
土曜日の朝、インターホンが鳴った。
荷物が届いたらしい。
このまま寝ようかどうしようかの間にいた僕は仕方なく起きて玄関へ。
業者のおっさんから荷物受け取ってドアを閉めて鏡を見たらとんでもない寝癖。
相当ひどい感じ出てしまったみたいだ。
まぁ、いい。


荷物を開けてみたらその中には8年前の僕がいた。
あの時以来ずっと見ていなかったものが今目の前にある。
言ってみるもんだな、もらえるんだこれ。
向こうにとってはいらないものだろうし必要なものは取ってあるみたいだし。
何より2~30万は払っていたから当然といえば当然か。

光に照らして見てみるとやっぱりちゃんとある。
どうしようもないくらいちゃんとある。

中に書いてある日付があの時の記憶を呼び起こす。

そう、あのときは確かに覚悟を決めていた。
それは間違いない。

今はどうだろうかと考えるとなかなか覚悟はできない。
勢いが必要なのかもしれない。



何よりも大切なのは覚悟、そして責任みたいで
今の自分にはなかなかできないことになっていた。
さて、どうしたものか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。