Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
10月終盤、その日の大阪は小雨がパラついており、少し肌寒い日だった。
んー、この天気はあんまりよくないなーと思い乗り込む新幹線。
着いた広島は晴れ。
んー、いいね。なんて思い迎えのマイクロバスに乗り込む。
着いたので降りてくださいと言われ降りる結婚式場。


で、どこ?
2つあるけどどっち?
なんて感じでみなさんの流れの中にいる自分。

「すいませーん、場所間違えました!バスに戻ってくださーい!」



・・・・、さすがだ。
こんな大事な日にこんな間違いってあるんだなと思う自分と、
誰の結婚式やねん!と突っ込む自分。


着いた式場はなんだろう、いかにも海辺にあります的な雰囲気。
建物の白、芝生の緑、噴水と空と海の青がとてもきれい。
確かに遠い場所だけど新婦がここにすると決めた気持ちがよく分かる。
きれいな場所だ。


受け付けを済ませてちょっと探検してみるとご家族発見。
親父さんなんか厳しい顔してて声掛けられないよ。
あの親父さんが・・・、緊張してる。
ちょっとびっくり、笑顔を想像してたら違ったみたい。
お母さんは心配顔、妹は妹だ。


時間になり式開始。
神父さんって何で英語で喋った後に日本語で同じこと言うんだろう?
日本語喋られるなら日本語で通すべきじゃないのかなといつも思う。
これもそれっぽさの演出ってやつなのか?
それは必要なものなのか?
それとも西洋の神には日本語は通じないのだろうか?
平等じゃ無いのねなんてバカなことを考えている間、目の前で行われる夫婦になる儀式。


伝わる緊張感。
誓いますと響く2人の声。
おめでとう!


披露宴。
ここに呼ばれてよかったのかなと思ってしまう。
そう思う自分も悲しいが本当の話だ。
関わりがあるけど深い関わりの人はもっと別にいるだろうに。
その人にちょっと悪い気もする。
ごめんなさいね。
自分だったらどうなるのだろう?この人数呼べるか?
情けない想像。
そんなこと考える小さな自分の目の前では幸せ夫婦。


しかし楽しい。
そして嬉しい。


この夫婦の世界の縮図が披露宴会場なんだ。
そう思うと不思議な感じになる。
この世界に自分も入れてもらってるんだなってさ。
新郎とは大学入学以来か、サークルの初合宿に向かうバスの中、
隣りになりほとんど会話しなかった。
なんだかんだでサークル続く関係。
2人で写っている写真を持っていない関係。
基本的に誰かが入っている。
仲が悪いとかじゃない、距離感だ。
あまり近づくことのできない世界、2つの世界が一緒になることはないだろう。
でも基本は同じ。
ただ前に出るか後ろに下がるかという話だ。


新婦とはあまり会話したことがない。
接することすらなかったから。
だけどそれなりに知っていた。新郎とその友人を通して。
この披露宴で家族、昔の写真なんかを見てどういう人間かというのが少し分かった。
ほぼ、予想通り。
芯のある人だ。
初めて会った日、それからきれいになったなぁ。
きつく言わないと調子に乗る新郎には最適だな、その性格。
もちろん、いい意味でだよ。
できたらちゃんと話しよう。




この世界に入れたことは幸せだよ。
















最後に
2次会のVTRの質の高さ、凝り方すごいね。
あの世界の人間だからこそできることなんだろうけどさ。
あれ引き出物にしたほうがよかったんじゃないかな。
残すべきだよ。
焼いて送ってちょうだい。




ということで広島県の石田さんからのリクエストにお応えしました。
知らない方は訳分かんないね。
そういう話なんです。











スポンサーサイト
ココロの壁に開いた穴からはシアワセとヨロコビが流れ出てしまう

その穴はパズルのピースのような形

似たようなピースはあるけれど

同じ形の物はそう簡単には見つけられない

でもその穴を埋めない限りシアワセとヨロコビは流れ出続ける



それでは困る

ココロを満たしたいと思う僕らは似たようなピースをはめてみる

流れ出ていたシアワセとヨロコビを一時の間止めることができるのだ

しかし合わないピースの隙間から

シアワセとヨロコビは浸み出てきて漏れ出す

それを補う為に

僕らはより多くのシアワセとヨロコビを必要としてしまう

そうならないように完璧な形のピースをはめ込む



それができなかったら容量の大きなココロで

今のココロを包み込むしかない

そのココロを満たす為に今まで以上に

シアワセとヨロコビが必要となってしまう




僕らはココロの容量を小さくする選択からは逃げてしまう

ラブレターの図書館ってやつがあるらしい。
言葉では言えない事を文字で伝える、それがラブレター。
薄暗い学校の玄関、生徒全員の靴箱があるそこが舞台。
その一人一人の靴箱にはその人の書いたラブレターが入っている。
なぜか自由に見ることができるというその空間。
僕の書いたものを見て笑う人、他人の手紙を見て苦笑する自分。
他人には見られないこと前提の手紙は人には見せられない。
それを見ることができるのだ。
こわいね。










あの空間は不思議でいつも薄暗いけどその先がある。
靴を履いて外に出る、靴を脱ぎ教室に入る。















寝ないといけないのにやたらと目が冴える。
今更だけどラブレターって何?
LOVE LETTER
愛の手紙



愛かぁ、愛とは大きく出たなぁ。


日本人だったら日本語でいこうや。
恋文ってどう?
こっちのほうがしっくりくるけどな。
愛より軽いから?
軽いほうがいい。
京都駅からバスに乗り換えて北大路行きのバスに乗ってみたら
なんか見たことある人がいる。
明らかに日本人ではない方に挟まれて後部座席に陣取るあの人。
この顔はどう見ても人違いじゃないなぁ。
声を掛けてみたら観光に来たオーストラリアのご夫婦と京都観光の途中だという。
どこに行くかと聞いてみたら金閣寺、観光の王道だ。


こちらは平日の仕事中。
金閣寺かぁ、目的地は立命館だしいいかなと思い観光に参加。
仕事?仕事より大切なものがあるのさ。
監視の目のないお気楽営業ですよ、何か?
せっかくの縁だしね。
この確率ってすごいよ。
京都、同時刻・同路線の市バス、時間の余裕。
君と出会った奇跡がってやつくらいだよ。
無理矢理な理由で自分を納得させるのさ。
観光シーズンの京都は相変わらず人が多いけど、
全く知らない異国のご夫婦だけど、
1人営業マンが紛れ込んでるけどさ。
それなりに楽しい訳ですよ。


さて、英語って大事ですね。
まったく喋れません。
学生時代の英語って何だったんだろう?
中2レベル以下ですよ。


そんなんだったらさ、そりゃNOVAだよ。
駅前留学しちゃうよ。
今の状況じゃなかったら入会を検討するよ。
高い受講料払っちゃうよ。
大丈夫ですか関係者のあなた?
辞めるとは言ってたけどこれはきっついなぁ。
でも、いい商売だとも思う。
ただちょっと調子に乗りすぎただけだ。


そんなNOVAも考えたけどこれが日本人だったら喋ったか?
いんや、喋ってないな。


これは根本的な問題。
相手がオーストラリア人だろうがケニア人だろうが変わんないや。
もうちょっと他人のフトコロに飛び込むことを覚える。
そして興味を持つ。
今後の課題が浮き彫り。


異文化コミュニケーション以前にコミュニケーション。
群れて生きるヒト科のヒトとしては致命的だ。

久し振りに行ってみたら駅の立て替え工事してる。
観光シーズン真っ盛りなのにいいのだろうか。
そんなことを思わせてくれる嵯峨嵐山駅。
夕方に着いたその街は相変わらず落ち着いている。
風の冷たくなりはじめるこの季節のここら辺はなぜか切ない。

目的地までは歩く。
銀行がなくなったり、店が潰れたりしてたけど特に変化なし。
錦屋(スーパー)を曲がり車折駅を通り過ぎると目的地。
1年間だけ住んでいた親戚の家。


そう、今日はけじめをつける日。
19歳の頃からの誤解を解く日なのだ。
実家からじいちゃんとばあちゃんが遊びに来ておりそこの夕飯にご招待。
そのじいちゃんとばあちゃんは僕が親戚と不仲になり、その家に2年
住むはずだったところを1年で出たと勘違いしている。
そこで友好的な関係だよとアピールする訳だ。
本当は不仲じゃなくて生活観の違いなのにね。
生来、貧乏性な僕には合わないの等・・・、ですよ。

そこでうまくやってきました。
みんなでご飯食べてまずいビール飲んで(エビスだけど)。


せっかく集まったので記念に写真を撮ってすぐに現像してプレゼントしたのです。
本当は何かあげようと探してみたけど見つからなくて苦肉の策だったのだけれども。


写真を撮るとうちのばあちゃんが全然違うとこみてるの。
ちゃんとレンズ見て、と言っても見てくれない。
これは魂取られないからと言おうとしたけどそんなことはないし。


考えてみたら簡単な理由。
自分の色が黒くて、シワも多いから。
シワの多さは仕方ないけど確かに色は黒い。
元々色黒でさらに百姓してたらそうなるのさ。
それが恥ずかしいのだ。


前からそんなこと言ってた。
女心なんだろう。
でもそれは誇れることなのにな。
ちょっとしたコンプレックスなのか。
その気持ちは分かるけど胸を張っていいのに。
そのおかげで家があり、家族があり、今の自分もあるのだし。
でも、簡単じゃないか。
ばあちゃんの気持ちも分かる。
それ以外のコンプレックスもある人だし。
似てないけどここら辺は自分と似てるかも。

ただ、行動力に関しては正反対。
愛車のヤマハMateで常に走り続ける。
大晦日に軽自動車をひっくり返して廃棄処分、でも自分は無傷の武勇伝。
動く動く。
そんなばあちゃん。


ま、楽しそうだったからいいか。
とりあえず自分の誤解も解けたしね。


年に1度の楽しみですよ。
それがあれってひどくない?

え?ルパンです。夏休み恒例の。
テレビで見られなかったので秋に出るDVD楽しみにしてたんですよ。

あんまりです。
タイムマシンはご法度です。
やっちゃいけないことしちゃいましたね。
頼むからもうちょいマシなストーリープリーズ!



そして声優陣の老化が進んでます。
これ以外の声は認めたくないという気持ちもありますが
しかし歳には勝てないし。
残念ながら銭形警部はもうおじいちゃんです。



山田康雄さん
もう一度あなたの声を聞きたいです。
クリカンは軽いです。
意外と大泉洋合うかもしれません。
茄子シリーズででかなりルパンっぽくなってます。


え?分かんないって?
いいんです。
ヤマト急便から電話がかかってきた。

「溝上さんですか?荷物を預かっているのですが・・・。」

懐かしい出水の喋り方。
なんでアクセントがここまで違うんだろうな。
離れてしまうとすごい違和感。
この世界にいたはずなのに。


「いや、すんません。明日ならいますんでお願いします」

ということで届きました。



新米とその他諸々。

百姓ですからね、家の米です。
実は送ってもらうのは5年振りくらい。
送ってもらうのはもったいないから無洗米でいいと言ってたのです。
今でも言っているけどね。
1人暮らしだし、いいかなと思ってた。

実は新米ってとっても意味のあるものなんだよね。
手間をかけて作った米を食べるということは百姓にとって喜びなの。
それを食べて欲しいと思う親心。
面倒だからいいよと思う子の心。






で、結論から言うとおいしい。
何でこんなにうまいのかと思う。
ヒノヒカリってうまいわ。
そりゃあんだけ手間がかかれば当然だけどさ。
こっちで食っている米とは違う。
これは誇っていいさ。

少し前までは掛け干ししてたんだけど
今ではコンバインで一気にやってしまうから味は落ちているはずなに。
掛け干ししたらもっとうまくなるのか。
なんてこと考えて食う。
冷凍してレンジでチンしても全然違う。
それだけ安い米食っているってことか。
損してるなぁ。

ただ、残念ながら先週米を5キロ買ったばかりで米過剰状態。
まいった。






海苔のおじさん。
それは海苔の生産をしている人で冬場の海苔の時期になると海苔を持ってきてくれる。
ハムの人みたいなもんだ。
ただ、もらうだけじゃなくてこっちも米をあげる。
そう、物々交換。

でも、ある時期から来なくなった。
諫早の問題で海苔がダメになったニュース。
有明海の海苔がほぼ壊滅状態だったときにそこではそこそこできたみたいで。
そら、あげるより売った方がいい。
冬の海に出て水をかぶりながらしんどい作業をしないといけないし。



そんなこと思い出したのは最近の美味しんぼに
そんな感じのおじさんのことが出てたから。
潮の流れが逆だったら水俣の海だったのかな。
なんてことを今でも思う。
流れがあったら大丈夫のなかな?
そうでもないか、あの被害を見る限りでは。
水俣の海の金網を外したのって結構最近なんだよね。
10年位前だったと思うけど。




ま、結論としては
東西新聞社のみなさん仕事してくださいってことです。
島原大変肥後迷惑

今までよく知らなかったけど理由を知って感心。

そら、肥後迷惑だわ。

流れ岩ってすごいね。

家で酒を飲みます。

普通ですか?普通ですね。
まぁ、いいじゃない。
冷蔵庫には消費期限の過ぎたビールがあります。
そう考えれば事件ですよ。


この間飲み屋でサイダーを注文したらこう言われたのよ。
「酒が飲めないなんて人生損してますね」

別にいいじゃねぇかい。
三ツ矢サイダーバカにすんな!
ビールなんかよりよっぽどうまいわ!
と思ったけどそれもそうかもしれないかなとも思ってしまった。

損してんのかなぁ。

ということで唯一飲めるカシスリキュールを何かで割って飲みます。
あわせて何度か更新。
さて、どうなる?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。