Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
何を今更って話だけど
ゆずの夏色の中にある「大きな5時半の夕焼け」っておかしいね。
夏なんだから6時半じゃないとね。
韻の問題だろうと思うけどつい最近気付いた。
スポンサーサイト
20070810145007
夏休みの鹿児島帰省。
もう何年もやってるので慣れたつもりでいるけれどなかなかにしんどい。
博多まではどうってことないんだけどそこからが本番。朝10時過ぎに大阪出たけど着くのは5時過ぎ。
飛行機でとも思うけど往復で五万円ちょいはね。
電車は往復三万ちょい。仕方ないでしよ。
どうにかしてよ航空業界。海外に行って三泊する方が安いってのは仕組みはわかるけど納得できんよ。
20070810221458
はい到着!
途中で特急のエアコンが全く効いておらず乗客汗だくで2時間缶詰というJRからの嫌がらせを受けたりしましたがなーんの説明も無し。
さすがJRですね。説明くらいしろや!
帰るたびに寂れていくマイホームタウンは自分の見方が昔と変わってしまったのかなぁ。
人口は増えているみたいだし。

この写真は玄関前、なーんもなし。
暇だったので友達誘ってバッティングセンターに行く。
相変わらずの下手さ加減にあきれるけどまぁ、こんなもんだとも思う。
昔教えてもらってたおっさんの言葉を思い出しながらバットを振る。
意外とちゃんとできたりしてちょっとビックリ。
それでも素人だけどね。
隣の小学生がホームラン出してて生まれ持ったものの違いに
打ちひしがれるがそれもまた人生さ。
ソフトクリーム食いながら過疎の町にお金を落としてちょっと貢献。


若干疲れて帰ってきたらお客さんが来ていた。
弟の同級生のお母さんだ。
かなり久しぶり、10年振りくらいだと思う。
弟と母と話しながらとても楽しそうに、そして嬉しそうに笑っていた。



僕は小学生の頃ソフトボールスポーツ少年団に入っていて
毎週火木土は小学校のグランドで練習していた。
野球が好きではなく親に無理矢理入れさせられており
正直どうでもよかった。
そんな気持ちでいてうまくなる訳もなく下手くそで
さらにソフトボールが面白くなくなるというダメな状態。
遊びでやる野球はだいぶ後になって好きになり、
バッティングセンターにはちょこっと行ったりもするけどね。
さらに致命的に肩も弱い、ということでとにかく嫌だったのだ。
その結果ポジションはライトで補欠。
最近ではライトの重要性をイチローが広めてくれてだいぶ地位が
向上してるけどその当時は下手なやつはみんなライトだったのだ。

そこにはいつものメンツがいていつも同じように練習していた。
自分が下手なのは認めるけどそれ以上にそいつは下手。
多分、ドヘタの類い。
目くそ鼻くそかもしれないけどそんな状態だった。
でも、それなりに楽しんではいたみたいだったけどね。
1つ年下だけど同級生も多いし、とにかく笑ってた。
へなへなしてるけど憎めないいい奴だよ。
フライを捕るときのふらつきと返球の際の顔は良く覚えてる。
悪い意味じゃないからね。
気の弱いおとなしいいい奴だったのよ。

実家には帰っているけどそんな詳しい情報もない自分。
なんでおばさんが来てたのか聞いてみたら予想外の答え。


死んでたらしい。
地元を出て暮らしていたのだけど住んでいる部屋で白骨化して。


なんかの事件に巻き込まれたとかそうじゃないとか。
自殺じゃないというかあいつにできるのか?
とにかく24年でそいつの人生は終わってたのだ。


なんか虚しかった。


正直に言います。
病気ですわ。
ここまでくると病気としか言えないです。


もうぼちぼちいいだろうと思いながらここまで続く。
途切れること無いこの感じ。


西が向けないって何さ。
近づくと動悸が上がるってどうよ。


自分に呆れる。


前置きしときますが何を今更ってことです。





気が付いたら20代の半ばになっており
あの頃のあの人と同じ歳だ。
この歳になって考えてみる。















考えてみる。

















考えてみる。























なにやっとったんじゃい!

























この・・・、



























ロリコン坊主が!!!














今でも腹が立つ。
どう考えてもロリコンだろうが!!
やっていいことと悪いことがあるんじゃい!














あんな坊主が説教しとるんか?
それでいいんか、そこの檀家よ。
家に上げたらいかんやろ。













あ、瀬戸内のあの坊さんとは違います。
念のために。
悪口とかケンカ売るつもりはないということ前提
好きなとこですから。












宝塚に行くたびに思うこと。

高いとこ好きやなぁ、こっちの人。

なんか無理して高いとこ高いとこ目指してるよね。

理由はまぁ、分かりきっていることなんだけどさ。

宝塚だけでなく神戸・芦屋・西宮辺りでも言える事なんだけどね。

住みにくいとこ住みにくいとこ行こうとしてる。






眺めてたらさ蜘蛛の糸みたいに思えてきたのさ。

天から降りてきた救いの糸に近づくために少しでも高いとこへ。

下の方のその他大勢には決して手の届かないもの。

ただ、その糸を掴んでも切れてしまうんだろうな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。