Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
学生時代を過ごした瀬田のちょっとした居酒屋で飲んでいた僕に迎えが来た。この日は話したいことがいっぱいあったけどこっちも大事な用事なのよ。一緒に飲んでいた2人にそう言って僕は店を出て迎えの車に乗り込んだ。これから滋賀県から鳥取県まで行くことになっていたのだ。出発は日付が変わる少し前くらいだったと思う。



高速道路を西へ西へひたすらに走る。夜の高速は空いてて走りやすい。トラックがとんでもないスピードで走っていなければ安心できるのになとも思うが昼間と比べればいいと思う。でも、暗い中を100キロ前後で走るのは考えてみれば結構怖い。途中の高速バス乗り場で兄さんを拾う。案の定元気がない。僕の前に座っている兄さんは身長193cmと大きく前が全く見えない。隣に座っている母さんが運転している姉さんとしゃべりまくっている。あんまり入れない会話だったからボケーっと窓の外を見て、たまに会話に参加したりしてた。でもいつもは寝ている時間だ、午前2時を過ぎると猛烈な睡魔。頑張ったつもりだったけどやっぱり眠ってしまった。気が付くと真っ暗な細い道をゆっくりと走っている。何度か切り替えして駐車場に車を停めたとこだった。「さ、着いたよ」と言われて外に出る。とにかく寒かった。自分の感覚で言えば10月後半くらいの寒さだろうか。まだ9月だしそんなに寒くないだろうと思っていた僕は完全に間違っていたみたいだ。



家は予想以上にきれいだった。失礼な話だがこんなにきれいな家だとは思わなかった。前の家のイメージが強すぎるのだろう。この家は昔の家をリフォームしたらしく外観と中は違っていた。いいとこじゃないかというのが本音だった。自分のやりたいようにやってる。そして100均商品をうまく使っている。収納好き&節約家を絵に描いたようなお母さんだ。実はこの家に住んでいる母さんと子供たちに会いに来たのが今ここにいる理由だ。ちょっとややこしいが母さんは滋賀に来ていたので一緒に帰ったというわけだ。父さんがいないというのがポイントでそういう事情があって僕ら3人は鳥取まで来たのだ。時間は午前5時くらいで身体を暖める為にスープを飲み、そして寝た。



車の中で寝ていた分、僕が1番最初に起きた。
洗面所で顔を洗っていると小学5年生の娘が戸をドンドン叩いてる。母さんが慌てて寝室から出てくる。近所のおばあちゃんの家に子供は預けられてたのだ。声を掛けると姉さんはどこだと聞いてくる。こっちには興味が無いらしい。子供は正直だ。若干の傷心状態で外に出てみると秋空が広がっていた。着いた時は真っ暗で分からなかったので近所をふらついてみた。この町はどういうところだろうかちょっと探検してみる。ここは鳥取県倉吉市、おそらく市街地から離れてるのだろう、店もあんまりないし、人家もそんなに無い。川が流れている、水もそんなに汚れていない、流れの速さ・川幅をみた感じでは中流域なんだろう。遊ぶにはちょっと流れがきつい。田舎だ、僕の地元とそう変わらない感じだ。初めての土地のはずなのに初めてではないような気がしたのだからそうなのだろう。近所のおばあちゃんにジロジロ見られてたので家に戻った。



それからはずっと子供の相手をしてた。娘以外にも小学校4年生と1年生の男の子が2人いるのだ。サッカーしたり縄跳びしたり、トランプしたり、鬼ごっこしたり、ケイドロしたり色々と遊んだ。そして母さんの作ってくれるご飯やおやつを食べて時間は過ぎていった。子供の無限の体力と自分の体力の無さを痛感した。ケイドロってこんなに走る遊びだったんだ。子供相手に真剣に走らないと厳しい場面が何度もあった。子供ってすごい。



そこにいる間色々と思うこと、考えること、疑問に思うことがあったけど僕には何もできないし、口も出せない。そこはその家族で乗り切ることなんだろうと思う。中途半端なことは言えない。なにもできないのだ。できることはこうして顔を出すことだけだと思う。でもそう簡単に行けるとこでもない。さてさてどうするか。







帰りは兄さん、姉さんと3人旅。
母さんからもらった弁当を日本海眺めながら食べ、とあるところに行く。そこは鳥取県の代名詞鳥取砂丘。実は2回目だった。休日だったので観光客が多い。その中に混じり砂の上を進む。砂の丘を見て考えることはみな同じらしい。「みんなが歩くところではなく斜度のきついところを登ろう」こんな考えになるのは若い証拠。僕らは1番きつそうなところを登った。そして降りた。もし行く人がいるならば是非斜度のきついところを駆け下りてみてほしい。とにかく楽しいから。無理して登ることはお薦めしない。きついだけ。靴に入った砂を落とし、鳥取砂丘の売店でお土産用の20世紀梨を大量に買い付けて鳥取を後にした。素朴な疑問なんだけど鳥取名物「因幡の白うさぎ」で気になることがある。日本に白い野生のうさぎはいるんですか?ここんとこどうなんでしょう?アルビノとかいう答えは希望しません。とりあえず気になるのよ。



時間はあるのだから下道で帰ろうと考えたのはとっても甘い考えだったらしく京都にたどり着くまでとんでもなく時間がかかった。やっぱり高速があるのなら乗るべきだ。これはいい教訓になった。結局京都に着いたのは7時過ぎで疲れきっていた。運転手はその1.5杯の疲労度ってとこかな。最後は竹千代のラーメンで終了。3年振りくらいに食べたけど食べやすくて好きな数少ないラーメン屋だ。そこから家まではJRの旅。9時過ぎに長い週末の旅は終わった。







それから1週間、鳥取砂丘で買い付けた梨がまだ冷蔵庫を占拠している。

スポンサーサイト
その連絡があったときその人と会うのはその時が最後になるんじゃないか


なんとなくだがそんな気がした


だから会いに行ったんだけど別に何ということも無い


いつも通りだ


ただその不安は無くならない


話をしているとこの人は何なんだろうと思ってしまう


どこを見てるのだろうか


僕とは違うとこにいて違う世界を見ている人だ


二人でいると変な空気が僕らを包む


心地よいけどダメになってしまう空気


その空気に触れることがこれからもできるのだろうか


ちょっと心配だ

正直に言います。


この間まで

















長澤まさみと綾瀬はるかの区別がつきませんでした。














どっちがどっちか分からなくなってしまう。


別にどうでもいいことかもしれないけどある意味大問題。


・・・・、流れについていけてない。


ついにこっち関係まで分からなくなるとは。


自分的にはかなりの大問題だったのです。







だからね、



はい、ネットで調べてました。



そして区別する方法を見つけました。
















それは・・・、




長澤まさみは球面、綾瀬はるかは平面ということ。







この区別方法もどうかと思うけど



やっぱりさ、



すこしずつ歳を重ねてるみたいです。






出会いはいつのことだろう?


もう思い出せないくらいずーっと前のこと。


そんな長い付き合いになる。


だいたい年間100日くらいだろうか。


それくらいは一緒にいると思う。


それを何年も続けていれば特別な存在なんかではなくなってしまう。


おとなしいときもあれば暴れるときもある。


基本的に言うことは聞いてくれない。


訪れるのはいつも突然で僕を困らせる。


でも来てしまったら仕方ないから付き合うしかない。


拒否することは許されない。


そんな関係なのだ。






















はい、口内炎の話です。
長い付き合いで日常になってしまったけどさ。
やっぱり痛い。
生活に支障が出てしまうのは本当に困るのよ。
食事ができない、味が分からない、ちゃんと喋れない。
2つの口内炎が1つに合体とかしてくれるしさ。
3個合体ってのもあったなぁ。


いっぺんにできたのは最高12ヶ所かな。
インフルエンザで弱ってたときで舌全体にできてくれたのには参った。
基本的に口腔内だったらどこにでもできるんだけど
最近舌の付け根が多い気がする。
以前は唇か舌の先の方だったけど。
一番嫌なのは歯茎かな。
治りが遅いし、痛みも強い。


確実にビタミンBナントカが足りていないのだろうけどさ。
実家にいたときからできてたし体質的なもんなんだろね。
本当はチョコラBBとか飲んだほうがいいのだろうけど。
面倒だしさ。
慣れちゃったし。



ということでこの付き合いは終わらない。
暇だったら解読してみよう。
もしも世界の名作がかごんま弁で書かれていたら・・・






『白雪姫』





おきさっどんが
「かがんよかがん、世界でいっばんみごちとはだいやろかい」
ち、たんぬれば、かねちゃ
「そあ、おはんがいっばんよかおごじゃっとよ」
ちゆぅ魔法のかがんに、かねっのっごっ たんねたなあ
「そや、白雪姫やらせんどかい」
ち、かがんがゆたなあ
「なんちな!?」
お妃っどんがはらけっかぎぃはらけっせえ、森んなけ小人んしと仲ゆ住んじょらった白雪姫がとこいっせえ、毒の入ったリンゴをば持っ行かったげな。
「リンゴは要いやはんどか~い」
ち魔女ん真似をしたお妃っどんがさるっごったなあ、そけ白雪姫げえがあっせえ、庭の草取いをしごった白雪姫に
「リンゴはかまんや?」
ちゆわったげな。
「まこち、どいうんめかろそなリンゴやろかい」
ち白雪姫はそんリンゴをもろっかんだなあ、かんだいき
ひっくかあらった。小人んしが
「がっついこえなこっつあねかった。け死んやったとけ?じゃったれば、今夜が本通夜で明日そしっじゃろなあ。
 こげん良かおごを、ほんのこちあったらしこつしたなあ」
ちほろめっごったなあ、そけうんめ乗らった王子どんが通おい
かからっせえ、
「うんにゃ、んにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃんにゃ!まこちぐらしかこつしたもんじゃ。おはんなないごてリンゴをかんだとお」
ちゆっせえ起そかいちしたなあ、白雪姫ん口っかいリンゴが
飛っ出っ来っせえ、白雪姫が
「たひかったがこあ!あんねこっでけ死んとこやったが!」
ちゆたげなお



どうでしょう?
盗作でした。
ばってん荒川さんが亡くなったというニュースに驚いてしまった。


熊本の有名人だけどこっちの人は知らないだろうな。
大阪で言うと吉本の桑原和男さんかな。
女装しておばあちゃんやってたから。


鹿児島と熊本の県境に住んでたから熊本のテレビが見れるの。
そこでよう出てきてた人なんだけどさ。
好きだったのね。
残念、まだまだ生きていてほしかったな。
女装したおっさんが夕方の情報番組の料理コーナーで料理をする。
違和感がないのがすごかった。
熊本のスターが消えたなぁ。


残念。


日曜日、鉄腕ダッシュの始まる頃、彼は急に現れた。


それは・・・、


掃除の神様


確かに掃除しなければいけないけどこの時間はどうなの?
掃除は嫌いじゃないよ、むしろ好きだよ。
でもね、でもね・・・。


そう思っていても始まったら止まらない。
台所、風呂、トイレを漂白&洗浄。
掃除機全開、床フキフキ、服を片付けetc・・・。
作業は進む進む、時間も進む進む。
終了したのは12時。


きれいになったのはいいけど、日曜日のギリギリですんごい疲労感。
明日は5時半起きなのに。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。