FC2ブログ

Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
週末に珍しい客がきた。
中華の国からやってきた彼は変わってなかった。
変わったといえば変わっていたかもしれないけど、ほぼ同じ。
2年ぶりだった。

ちょっと昔話をして仕事の話をする。
彼は僕とは全然違う世界で働いているので仕事内容が興味深い。
趣味が仕事になったんだろうなぁ。
うらやましい気もするけどまぁ、自分は自分だとも思う。
世の中にはいろんな人がいるもんだ。
一晩泊まって長崎まで帰って行った。









夢を見た。
いつものやつだ。
久し振りだったのでちょっと驚き、へこんだ。

いつになったら見なくなるのかと思うけど無理なんだろなぁ。
自分が変わらない限りは・・・。

でも、よくよく考えてみたら夢を見る条件はそろっていた。
懐かしいあの曲、あの本。

寝る前にそれをやっちゃったもんだからしっかり見てしまったんだ。
これは間違いないと思う。



あの人を慌てて追いかける自分。

あの道の向こうには僕の知らない世界が広がっている。

そこに行くと何かがあった。

なぜかその時は馬がいた。

昔、有名な競走馬だったけど今は肉の塊になっている。

足の骨を折っているくらいならかわいいもんなんだけど・・・、

足が4本すべてない。

小屋の中でのたうち回る馬。

排泄物にまみれ、白い身体は訳の分からない色になっている。

馬ってもんはそんなに長生きしない。

この間まで活躍していたかもしれないけど、もう、死が見えている。

でも生きているんだ。

かわいそうなのか、そうでないのかわからない。

目は死んでいないのだ。

必死で生きようともがいている。

君は馬の名を呼ぶ。

胴体と首と頭だけの芋虫みたいな馬はぐちゃぐちゃになりながらこっちにやってくる。

君は笑っていた。



今まで経験したことのいいこと悪いことがいっぱいつまった夢。

深層心理?低層心理?

よく分からない。






逃げる場所はありますか?

どうしようもなくなった時助けてくれる人はいますか?

大金を貸してくれる人はいますか?








この間の話だけど、先輩に電話した。

ある話をされた。

何年か前にお前が経験したこと覚えてるか?

あの時お前悔しかっただろ?悲しかっただろ?

だから泣いたんだろ?

あの時のお前の行動力はすごかったよ。

普通に考えてみろ、やらないぞあんなこと。

あれ以上のことなんてそうはないだろ?

あれを経験したら、たいていのことは平気だろ?


久し振りに思い出したけど、あれって俺が悪いのかな?

お互い様なんかな?

やっぱ俺か。


でもこの電話をした後から色々と楽になった。






自分の笑顔の力を知っている人と話をしていた。

はっきり言ってこの人は美人だ。

それも嫌味のない善人。

多分偽善ではない。

その人は自分の笑顔の力を知っている。

ずりぃよ。


この間2時間くらい学生と面接をしていた。

今までに味わったことのないとんでもない疲労感。

ずっと作り笑いしていた。

最近本当に笑っているのだろうか?

いや、笑っているよ。

でも心底じゃない。



その人の笑顔は人を笑顔にさせる力があった。







女王が面白いことを言っている。

う~ん。

なんだか変だ。

最近、変。


うすうす感じてはいたけど、やっぱりどう考えても変だ。




なにが?




自分が。


。。。。。。。。。



いや、なんつーか情緒不安定とかそういうのではなくてね、


なんかこう


以前、自分のなかにあったものが



フーーーッ... と




いつのまにかなくなってしまったような。



去年の末から感じていたこの違和感、

寂しいような、切ないような、でも穏やかなこの感じ。




これって一体なんなんだろうって

ちょっと考えてみた。



自分の内面や環境について。




大きな悩みがあるわけでもなく、

素敵な友達や家族もいる。



貧乏でもないし

おいしいものも食べられるし

仕事もまあ大変だけど楽し...






ハッ...




これって...




もしかして...






負け犬の入り口


「べつにアタシ今のままで幸せー」





ってやつですか...!!???






いやああああああああああ(T∇T)



ちょ、


ちょっとま、  え??


あのー、よく働く未婚女性にありがちなアレですよね?




「現状に満足」



ってやつですよね???





やばいやばいやばいやばいやばいやばいやばい




あのーーー、これってー、なっちゃうとけっこう婚期遅れるっていうじゃないですかー。

うんーーー。

「結婚に妥協なんてありえないしー、っていうかなんで結婚とかするの?」

とか言い出しちゃうって聞くじゃないですかー。

もしかしてオイラもそういうふうに思ってるとこあるんですかね??





ウン、、、ジャッカン オモッテルヨ、、、。



ぎゃああ

いまココロの声がしたあっ!!(泣)



やめてえええーーーーーっ!!




そう、正体はそれだったんですよ。


自分の中の喪失感。

なくしてたのはハングリー精神でしょうか?


以前のオイラはさ、

超メルヘンな恋愛してる友達を見ていいなって思ってたし、

女同士で恋愛観について語るのが楽しくて仕方なかった。


今は...

友達を見て「恋に没頭するなんて元気あるなー...」と感心してしまったりする。

男子、女子の概念も薄れてきている気がする。

(つまりどうでもよくなってきている?)

そして


以前のオイラは 誰とでも仲良くできて色んな遊び方ができる人を

すごいな、と思っていたし

「いいな あんなに楽しそうで」って羨ましく思っていたりもした。


今はというと

「自分はこういう人は苦手でこういう場はストレスになるから行きたくないんだ」

って素直に思うようになった。

相変わらず社交的な人はすごいなとは思うけど。自分は無理。



要はね、

なんていうか

今まであいまいだった「物事の判断基準」とか「自分の好み」みたいなものが

けっこう明確になってきてしまって


居心地の悪いものはいらないよ

自分の好きなものだけあればいいよ


って無意識にバリア作ってたみたい。




まずくねえ!!???

やっかいなボーダー作ってこのまま20代後半戦とか

大丈夫?オイラこのままで。


幸せになりたいとは思ってたけどさ、

こんなセルフサービス的な...



し、


うん、、、


まあ、今、非常に幸せです...。


しばらくこういうのもいいか...。






さて、寝よ。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。