Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
大学生の時、図書館でなんとなく見た「七人の侍」
本当に衝撃を受けました。
ま、世界の誰もが知る名作中の名作ですね。


その中で島田勘兵衛を演じる志村喬が弓を引くシーンがあるのです。

img_939247_44112768_3.jpg

















この人には弓道の経験があるのじゃないかと思わせるくらい綺麗なのです。
暴れん坊将軍の松平健のあれと比べるのが失礼なくらいに綺麗。
しかし、将軍様は暴れん坊の割に弓には臆病なのがビンビン伝わるくらい下手ですね・・・。
それも時代は戦国時代なので今と違い、実戦的な引き方をしていたのです。
時代考証もばっちり、今の弓道とは違うけどこれは別の機会にしとこうかな。
ま、これをきっかけに志村喬という役者さんを知りました。
昭和の名優なのに知らなかったのが恥ずかしいくらいなのかな・・・。

んで、25歳くらいの時に「生きる」を見ました。
「七人の侍」の前作になるそうです。
あんまり考えずに見ていたけど単純にいい映画だなって思っていたのです。


僕はここ数年人間が演じる映画が見られなくなってしまいました。
僕の精神的な問題がほとんどなのだけども、
役者が演技しているのがバレバレで見る気が失せてしまうのです。
だったらアニメーションの方がいいとそっちを少し見る程度。
特に最近の邦画が見られないのね。
同じ役者が同じような演技でひどい。
さらに脚本もひどいね。
たまに原作が良くても悪いアレンジしたりしているしさ。


さてさて、前置はここまで。
BSで「生きる」をやってたので録画していました。
いい映画だからいつか見ようと思っていたのです。
お、今日は見られそうだという感じだったので見ました。

ガンという名の死の宣告をされた空虚に仕事をしている定年前の役所の課長。
この人の死への葛藤と生への執着へのヒント。
とても他人事とは思えないくらいなのね。

あと、役人への風刺が効きまくっている。
ここの批判は今も昔も変わらないんだろうね。

見て損はしないです。
あと、公務員は絶対見て欲しい映画です。






僕の春からの仕事は県の職員です。
さてさて僕は朱に交わるのかどうなるのかね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。