Dragon World

ま、それなりにやっているつもり

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
10月28日

午後2時 入院受付。

本日のメニュー
採血
レントゲン(頭部、胸部)
心電図

特にたいしたことはせず。
明日は血管撮影でいきなり検査の山場を迎え若干憂鬱。

同じ病室の人が明るいのでやりやすい。
でも、その人達も明日には手術と退院でいなくなる。
スポンサーサイト
10月29日

~検査~
アンギオ

13時より開始し、1時間程度で検査は終了。
その後21時まで右足固定。

造影剤を入れるとその部分が熱くなるのでどの辺を調べているか分かるのでおもしろい。
目の血管を造影剤が流れると緑っぽい白い線が一瞬だけ目の前に現れる。
ただ、場所によっては頭が割れそうなくらい痛い。ま、1~2秒なので耐えられるからいいけど。

検査中から頭痛が始まり熱も37度7分。
熱も出始めでそれくらいだったのでもうちょっと上がっていたと思う。
造影剤の副作用だとしたら1%の確率らしい。
カテーテルを頭まで入れて造影剤出しまくれば熱くらい出てもおかしくないか。
ただの風邪かもしれないし。
熱には薬ではなく氷枕で対処。
頭痛も薬もらえず。
ロキソニンくらい欲しかったなぁ。

食事は寝たままでご飯だけおにぎりだったけどみそ汁は嫌がらせだ。
起き上がれないのに汁物は無理。
10月30日

~検査~
CT
MRI

ごくごく普通の検査。
ただ予定時間が大分ずれ込みひたすら待ちぼうけ。
熟睡しない程度に寝て待つ。
終日頭痛が続き、薬をもらうが効果無し。

何もやることなく、ただベッドの上で過ごすことが辛い。
そして夜は眠れない。

風呂に入りたい。
10月31日

~検査~
脳血流検査

今日は検査開始が夕方なのでただひたすら待つ。
外に出ていいかと聞いてみたらダメっていうこと。
軟禁生活です。

ちなみに検査は名前のとおり。
放射性の薬剤を身体に入れて放射線を当てその反応を調べるみたい。
注射二本打たれて後は寝てるだけ。
これで痴呆の検査もできるそうな。

今日は風呂に入れた。

二日前に脳動脈溜の手術したおじさんが帰ってきた。
術後なのでグッタリしてるけど歩いてご飯食べてる。
実際見るとすごいね。
8時間も手術したのにさ。
11月1日

~本日のメニュー~
特になし

検査は全て終わってしまったのでやることは無し。
世間は三連休みたいでどうしようかと思ってたら好きなだけ外出していいと言われ外出。

しかし北海道は広く自動車が無いと何もできないのね。
観光客もやたら多く旭山動物園は遊園地みたいに待ちがあるそうな。
そういうのは嫌だから西武百貨店の三省堂で本探し。
過去に診てもらった先生の本があり手術の大まかな流れを知る。
全て実際の写真でリアルな患部を見て若干の吐き気。
例えるならばドブ掃除するときによくいる小さなミミズが何匹も絡まり合ってる感じ。
説明用に買おうかと思い値段を見てそっと棚に戻した。

古本屋で2冊本を買ってモスバーガー行って終了。

昨日は眠れず、それを引きずって一日を過ごした。
なので今夜はぐっすりだ。
11月2日

~本日のメニュー~
特になし

連休中日でやることなし。
病院を出て旭川駅前にジャスコ行の無料バスがあったので乗ってみる。
下着を買おうかと思ったのです。
そしたらとんでもない満員状態で身動きできない。
運の悪いことに前にいる女性から異臭がする。
お香?香水?シャンプー?頭皮?
結果として小汚いペットショップがその臭いをごまかすために頑張って失敗したような動物的で甘い香り。
その女性は小柄で鼻の真下にその頭がある状態。
満員で動けず人間の密度が高すぎて酸素も薄い。
そんな拷問の結果、気分が悪くなる。
タダの代償は出かかった。
地方ならではだけどジャスコはデートスポット。
やたら若いのが多かった。

旭川駅前に戻り、山頭火の本店を発見したので食べてみた。
数少ない食べようと思うラーメン屋なんです。
しかし、大阪の店と違う。
味は濃く、油っこいし麺も粉っぽい。
関西用に薄味にしてたのかなぁ。
もったいないけど三分の一は残した。
異臭のダメージも残ってたので。

鏡を見たらあまりにもひどい顔してた。
外に出る時はちゃんとしよう。
病院ではましな方でも外ではひど過ぎる。
11月3日

~本日のメニュー~
特になし

今日も何も無し。
明日、検査結果の説明があるみたい。
ただ、時間は消灯後で下手したら深夜になるかも。

今日も本屋なんかに行って暇つぶし。
外に出ても行くとこない。
スープカレー屋があったので入ってみる。
初めて食べたけどなかなかおいしい。
チキン野菜カレーで彩りの良い素揚げ野菜とトリモモ揚げが主張しまくりだけどスープもあっさりながら負けてない。
カレーではなくスープカレーというジャンルは新鮮だった。

こっちに来て一週間、事態は少しずつ進行してる。
11月4日

~本日のメニュー~
特になし

朝から雪で少し積もった。
外出なんかしたくないくらい寒い。
なので今日は大人しく暇を潰し続けた。
仮に外出したいと言ったら怒られたと思う。

今夜はこれから先生の説明があるけどいつになるか分からない。
だって診察室の前には午後9時を過ぎて10組は診察待ちの人がいるし。
終了時間は午前様を軽く越えて午前3時様くらいになる見込。
ちなみに先週は午前6時に終了。
週に1回とは言えど一般外来の診察が20時間って何ですか?
先生が喋りすぎってのはあるけど皆さん納得してるの。
納得するまで説明するのと患者としては自分のことを考えてくれていると感じられることで安心できるのね。
多くの患者は「これはできません」とか「しばらく様子を見ましょう」で見放された人ばかりだから。
ちなみに僕は「今あせって手術するのはリスクが高すぎるので、しばらくこのままで医学の進歩を待ちましょう」的なこと言われた。
出町柳付近の病院、
しかもその世界の権威に言われたらもうどうしようもない。
医学の進歩っていつの話さ?
ちなみにその人は最近その世界トップになりました。
すんごくデキる先生なのです。
だから見放された人にとってここの先生は救世主なのさ。
だから待つしかない。
会計の人も徹夜して先生はずっと診察してるのだから。

さて、寝て待とう。
11月6日

~本日のメニュー~
特になし

何もすることがない。
本を読んで時間を潰す、途中で昼寝。
贅沢でうらやましく思われておかしくないことではあるけれどこんな日々も続くと辛い。
無い物ねだりというものである意味幸福な現状の中にいて欲しいものは今まで逃げていたもの。
あったらあったで嫌になり、無かったら無かったで欲してしまう。

なんともわがまま。
いい年してなんだお前。

12月10日と日取りが決まり進展。
退院しました。
今は鹿児島に戻ってます。
でも終わりじゃなく本番は来月となっております。

自分を客観的に見ることができないみたい。
以前は右斜め上から見えてた気がするようなしないような。

落ち着いて冷静になってみれば見える問題点。
なんともまぁ甘い。
しかし、これもまた勉強か。
そう思ってのは逃げか。
参考までのお話です。

脳疾患のある人はたいていてんかんの薬を飲むことになるのです。
それは治療が終わってもずっと服用しなきゃならないそうな。

そういうことなので手元にその薬があり飲んでるのですが問題発生。
副作用が出てます。

実は以前にも飲んでて副作用で服用を止めたことが二回あったのである程度は覚悟してたの。
一回目は胸の辺りに発疹が出てこれは人前で見せられないと無駄な心配で中止。
二回目は食欲減退と記憶力低下。
食欲はいいけどトイレを流したか思い出せなくて戻っては確認、戻っては確認を繰り返した時はまずいと思ったね。
まだ、19歳だったし。
それ以来はずっと飲まずにいた。
幸いてんかんも出てなかったし。

で、今回は何かというと脱毛。
若ハゲの可能性もゼロではないけど場所を考えてらその可能性は低い。
副作用と見て間違いないと思う。
放射線治療なんかとは違っていきなりでなく少しずつだから他人には分からない程度。
でも、これがきっかけで毛根が営業終了したらどうしましょ。
もうしばらくは頑張って欲しいんですけど。

この神経系の薬にはこれでもかってくらい副作用があって自分が経験したのは全部当てはまる。
体調不良の症状一通りとそれ以外の何かと引き換えに症状を押さえるのね。
強い薬には大きなメリットがある分デメリットも大きい。

今回は独断で中止!
①連絡
現在インターネットが使えない環境にいるのです。
連絡がある場合は携帯までお願いします。
ちなみにこのブログはただメールを送って更新してるのです。
無くてもいいけどインターネットは便利なものです。
情報を得るのも一苦労、地方の図書館や本屋では難しいね。

②脱毛
やっぱり薬の副作用だったみたいで抜け毛激減。
しかし、あれ以外の薬が合わなかったら髪を捨てるしかないのかなぁ。
ちなみに後頭部の髪が抜けてた。
同じ病室のじいさんは志村けんを思い出させる。

昼間の行動はドリフのコントそのもの。
あの喋り方、そしてよくあれだけ手が震えてるのに飯が食えるもんだ。
すごい揺れ幅。

夜になると自我というものが無くなってどこか違う世界へ行ってしまう。
でも精神は違う世界にいても肉体はここにいるのだ。
彼は数分おきに動きナースが飛んでくる。
僕も枕をもらった。
よく眠れよということなのだろうか。
こういうことを朝までやられてナースもくたくた、僕も寝不足。
朝の6時くらいに深夜勤務で疲労もピークのナースが「いい加減にしてください!!」と叫ぶ。

別に誰も悪くない。
悪くないけど寝かしてくれ、明日は大事な日なんだ。
手術は終わりました。

大成功ではないけれどこれでも成功の部類です。

その結果、半身麻痺でございます。

まぁ命と比べると安いももんです。
ひどい人はもっとひどいのだからね。

これでようやく人生の切り売りができるようになったのです。
脳をいじったら味覚が鋭くなった。

コーラの味がまるっきり違いびっくり。
おいしいけど科学的な味がたくさんする。

味覚もやり直しらしい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。